2018年12月13日

補聴器電池も環境保全の新しい時代に変わってきています!

補聴器電池.jpg

過去には、補聴器などの用途には小型の水銀電池が使われてきました。
世界的に環境保全への意識が高まり、国連環境計画(UNEP)による水俣条約(2013年)、日本国内における「水銀による環境の汚染の防止に関する法律」(2015年)の制定などを通じて、水銀から私たち自身の健康と環境を守る取り組みが行なわれています。
電池業界では、これまで乾電池の水銀ゼロ化(1992年)、水銀電池の生産・販売中止(1995年)等によって環境への負荷軽減に努め、ボタン形の空気亜鉛電池が水銀電池の代役を担ってきました。しかしながら、性能・品質面の理由から今なおごく僅かの水銀が使用されており、これまで完全な無水銀化は実現していませんでした。(※水銀含有率が 重量比2%未満 のものは適用除外)

電池に水銀が使われてきた時代
乾電池の水銀ゼロ化(1992年)以前の乾電池には微量の水銀が含まれていました。それはなぜでしょう?
乾電池の負極に使われている亜鉛は、腐食反応で溶け出すとガスを発生させ、電池の性能を低下させるだけなく、電池の膨張、液漏れ、破裂等の原因となります。これらを防止するために、腐食反応を抑制する水銀が添加されていました。
つまり、水銀は電池の性能、安全性を守る上で欠かせない物質だったのです。

空気亜鉛電池の構成と特徴
空気亜鉛電池はプラス極に空気中の酸素(O₂)、マイナス極材料に亜鉛(Zn)、電解液に水酸化カリウム(KOH)が使われており、公称電圧は1.4Vです。
補聴器電池は他の電池と大きく異なるのは、プラス極に空気中の酸素を使用するため、その分マイナス極の材料を増量することが可能だという点です。電池に貼られているシールテープを剥がすとその下には小さな穴ががあり、その穴から空気中の酸素を取り込んで、電池本体の中で化学反応を起こして発電する複雑な仕組みになっています。つまり、同じサイズの他の電池によりも容量が大きくなるという利点があるということです。
また、外気温や二酸化炭素等と密接な関係があり、特に寒い季節は電池寿命にも影響が出てくる事例も有る様です。
posted by optical-shimizu_blog at 10:00| Comment(0) | リプル店

2018年12月06日

新語・流行語大賞

先日、毎年年末の恒例行事のひとつになっている
新語・流行語大賞が発表されました。

年間大賞となったのは
2月に冬季オリンピックで活躍した
女子カーリング選手達が使っていた
北海道弁そだねーでした。
今回の冬季オリンピックでカーリングのルールを覚えた人も多いはず・・・
もちろん私もその一人です。

その他にも『半端ないって』や『スーパーボランティア
奈良判定』に『災害級の暑さ』とよくテレビで耳にした言葉が
トップ10入りとなりました。

そのトップ10の中にご飯論法なるものがありました。
新語・流行語大賞にノミネートされるまで聞いた事もなったのですが・・・
私がうといだけなのでしょうか?
毎年「え?そんな言葉流行ってたの?」というワードが
いくつかあり、何か別の力が働いているのかと勘ぐるのも
毎年の恒例行事となりつつあります。

また、来週の水曜日には
今年の漢字が発表されます。
これも年末の恒例行事となり
一年が半分過ぎた当たりからあれかなこれかなと
考えることが楽しみのひとつでもあります。
残念ながら応募は昨日で締め切りです。
後は発表を待つばかり。
何になるかワクワクして待ちましょう。

ちなみに私の予想は『災(わざわい)』です。
大雪に始まり地震に豪雨に台風に猛暑
今年は盛りだくさんでした。
ただ、やはり年末にマイナスのイメージより
プラスなイメージが欲しいので
外れることを祈ります。

皆さんはどんな1年でしたか?
残りわずかとなりましたが
良い日をお送り下さい。
posted by optical-shimizu_blog at 12:00| Comment(0) | 今津本店

2018年11月29日

まもなく12月

こんにちは、マイングラスです
早いものでもう12月、師走です。本当に1年過ぎるのが早いです
しかも平成最後の年末です。 来年は消費税も上がります

前回は、アルタ店が乱視の話をされていたので
今回は、タイトルとは全然関係のない、メガネのフィッテングについて少々お話させていただきます

「フィッティング技術」はメガネを作るうえで、絶対にかかせない要素です。
お顔の大きさ、耳の形、鼻の形は人それぞれですから、それぞれのお顔に合わせてキッチリとフィッティングすることにより、
はじめて光学的にも力学的にも、そして美的にも優れたメガネが完成します。
 ●力学的に満たされたフィッティング
力学的な要素とは、メガネがズレ落ちないように、かつ、耳や鼻が痛くならないように調整することです。
メガネがズレ落ちないように調整ができても、痛みがでるようであれば、使い物になりません。
その加減が眼鏡技術者の腕の見せ所でもあります。
美的に満たされたフィッティング
どんなにオシャレなメガネでも、ズリ落ちて、いわゆる鼻メガネになっていたり、顔に対して傾いて掛かっていたりすれば台無しです。
人間の顔というのは必ずしも左右対称ではありません。
左右の目の高さや眉の高さ、耳の位置が違います。左右の違いを考慮に入れて、お顔とメガネが調和するように整えていくことで美的要素が満たされます。

他店で購入されたメガネのフィッティング調整について
 メガネはメガネ店の店頭で完成品になります。
 フィッティング調整や修理などのアフターケアの責任は購入店にありますので
 お買い上げ後のアフターケアは購入店でやっていただくのが原則です。

シミズは、いつも親切、丁寧なフィッテングを心がけております


posted by optical-shimizu_blog at 16:27| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2018年11月22日

たまにはマジメな話を

当方このお仕事につかせてもらって20数年。
就業した初期のころは勉強のために色々な場所に研修にいかせいただきました。
その時に聞いた講義で今でも忘れられないお話があります。




『小さなお子さんを連れて眼科さんに診察に来られたお母さんがおられました。
お子さんの視力検査が終わった後、お医者様曰く「お子さんの目には乱視が入ってますね」
その場ではなにも言わなかったお母さん、でも後でお医者様が診察室から出ると先ほどのお母さんが前のベンチに座ってさめざめと泣いておられます。
不思議に思ったお医者様が聞いてみると、お母さんは自分の子供さんの目には乱視という恐ろしい病気があるのだと勘違いして、悲しく泣いておられたらしいのです。』





もちろん乱視は病気ではありません。皆さんの顔が全員同じ形ではないように、目の形もみなさん違います。表面の角膜や目の中にあるレンズ水晶体が100%真ん丸ならば乱視はありません。でも、そんな人はほとんどおられないので人の目には大抵乱視は入っています。



ブログ2



僕らからしてみれば当たり前の話で何の心配もない話なのですが、乱視を知らなかったお母さんはすごく心配されたことと思います。


どんな世界でもそうだと思いますが、自分が過ごしている世界で当たり前のように考えている事柄は、このお医者様のように他の人も当然知っているものと勘違いしてしまうミスをおかしてしまうことがあると思います。

当たり前のことを当たり前と考えず、しっかりと説明して理解していただく。
とても大切なことだと思いますが、気が付くとそのことを疎かにしている自分がいます。

そんな時は、20年以上前に聞いたベンチで泣いていたお母さんの話を思い出して、シッカリせねばと改めて思い直すのでした。


posted by optical-shimizu_blog at 00:00| Comment(0) | 和邇アルタ店

2018年11月14日

TOMATO GLASSES(トマトグラッシーズ)のご紹介

トマトグラッシーズMain.jpg

アドガワ店より、おすすめのジュニアメガネ TOMATO GLASSES(トマトグラッシーズ)のご紹介です。
お客様からのお問い合わせを大変多くいただいている商品です。

トマトグラッシーズの特長
哺乳瓶と同じ軽くて安心素材でズレ落ちない。
お子様の成長に優しくフィット。


哺乳瓶と同じ軽くて安心な素材。お子様の小さな頭にも
しなやかにフィットするデザインで、細かなサイズ調整にも対応。
トマトグラッシーズは、お子様の元気でイキイキとした成長を願って
開発した子ども専用のメガネです。

トマトグラッシーズ特徴.jpg


トマトグラッシーズの人気は安心素材・かけ心地だけではなく、豊富なサイズ展開とカラーバリエーションにもあります。
店頭にない商品もお取り寄せ可能ですので、お気軽にスタッフにおたずねくださいませ。

posted by optical-shimizu_blog at 18:26| Comment(0) | アドガワ店