2019年10月30日

老眼は何歳から?

近くを見る仕組み

私たちは近くを見るときに目の中にあるレンズの役割を果たす水晶体を、支えている毛様体筋で調節しております。
それは腕を伸ばす、縮めるといった運動機能と同じ事が目の中で起こっています。

何故老眼になるの?

一般的には40歳くらいから起こるようになり、45歳くらいにはメガネが必要となる場合が多いです。
それは、私たちの体は加齢によって筋肉が衰えます。

同じく、レンズの役割を果たす水晶体も固くなっていきます。毛様体筋の衰えによっての調節不足や、水晶体の硬化によるピント合わせが難しい状態が老眼となります。

既製の老眼鏡で十分?

人間だれしも体の部位で右と左では筋力や長さ・大きさが皆違います。同じように、目も左右でピントの合わせる距離や老眼度数が違います。
既製の老眼鏡は
左右同じ度の強さで、レンズの中心点の決め方が平均値となっています。

あくまでも応急措置として、一時的に使用する範囲にとどめていただきたいと思っています。
と言うのも、私たちメガネ店で作る老眼鏡で、左右同じ度の強さになることはあまりありません。
違う言い方をすれば、右目と左目では40センチを見るときに必要なメガネの度が違う人が多いという事です。

レンズの中心点はみなばらばら

度だけではなく、乱視を入れることでよりスッキリと良い状態で見ることができる方もたくさんいます。
度だけではございません。
レンズ中心点ですが、この平均点の位置というのが厄介です。
平均より大きい人と小さい人の組み合わせの平均ですので、結果ぴったりの人は少ないのが現状です。
確かに出来合いの老眼鏡は応急的に使う分には便利です。

しかし、本や新聞を読んだり、パソコン・スマホを使用するためのメガネなら、左右の目がきちんと対象物にピントが合うようにできた、メガネ店で作る老眼鏡でないときついですし目が疲れます。
キチンと度のあったメガネは既製の老眼鏡と比べ快適です。
さらに当店では単なる老眼鏡だけではなく、テレビが見える老眼鏡など幅広い生活に対応した老眼鏡のご提案もさせていただきます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。
posted by optical-shimizu_blog at 16:45| Comment(0) | 今津本店

2019年10月20日

新名所

皆さん、滋賀県大津市の新しい名所が誕生しました。
今まで東京の日本橋にしかなかった滋賀県の情報発信拠点「ここ滋賀」がこの10月10日、大津市のナカマチ商店街に「ここ滋賀shiga」としてオープンしたのです。
東京にあった「ここ滋賀」とは、「滋賀の魅力をさまざまな角度からお伝えするイベントや、特産品・伝統工芸品などの販売、滋賀の食材をふんだんに使ったレストランなど、滋賀を全身で体感していただける場」であります。
そもそも私としては今までなんでそんな素敵な場所が本拠地滋賀県に無いのかと密かに憤っていたところでしたので、地元滋賀県の大津に「ここ滋賀shiga」が出来たことを非常に喜んでおります。
早くいってみたいと思います。


さて今回はガラッと変わって、ラグビーワールドカップ(以下RWC)のネタを入れないと駄目でしょう。

とはいってもここしばらくはメディアも非常に大きくRWCや日本代表のネタを拾い上げているので、今さら「日本代表フランカー、トンプソンルーク選手は地元東大阪の街をママチャリで走り回っているらしい」とか、「日本代表のフランカー、トンプソンルーク選手は行きつけの定食屋でオムライスを好んで食べるらしい」とか、「日本代表のフランカー、トンプソン・ルーク選手は行きつけの定食屋のオムライスも以前は大盛りを頼んでいたのに、最近は普通サイズを頼むようになった」とか、「日本代表のフランカー、トンプソンルーク選手は大の日本好きで、自分の名前さえも名前の後に姓のくる外国名表記のルーク・トンプソンから、姓名の日本名表記であるトンプソン・ルークに変えた」とか、「日本代表のフランカー、トンプソンルーク選手は実は・・・」などの日本代表の話はイロイロ皆さんよくご存じだと思います。

ですのでここでは日本代表チーム以外のRWCネタで、今大会の会場で一番小さなスタジアムである釜石市鵜住居復興スタジアムの紹介を。
岩手県釜石市は太平洋に面していて、昔から漁業が盛んな街であり、もっと有名なのはラグビーオールドファンなら絶対に知っている新日鉄釜石という強豪のいるラグビーの街でもありました。
しかし長引く不況の影響で新日鉄釜石ラグビーチームは解散され、釜石の街は文字通り火の消えたようになってしまったのです。
そしてさらにあの2011年3月11日東日本大震災でも釜石市はさらに大きな被害を受けたのでした。
鵜住居復興スタジアムは東日本大震災で倒壊した釜石市立中学校、市立小学校の跡地に建っています。
震災の日、授業中だった子供たちは手を取り合いながら協力して無事に避難出来ましたが、子供たちが無事避難できたか最後まで見届けた学校職員の女性がたった一人犠牲となってしまいました。
この土地にスタジアムを作るとなったとき、犠牲となった女性の旦那さんは、この地に震災の教訓となる文字を刻んだモニュメントの建設を願います。そのモニュメントにはこの旦那さんの思いが、大きな思いが一言だけ刻まれています。その一言とは


「あなたも逃げて」

そんな切ない思いの場所に建てられることとなった鵜住居復興スタジアム。
でもいくらスタジアムを作ったからと言って、RWCの試合が必ず釜石の地で行われるとは限りません。日本には他にもRWCを開催したいと立候補している街が沢山あります。その中から開催地に選ばれなければなりません。それにはRWCを管理するラグビーワールドユニオンの役員の方に釜石での開催を認めさせなければならないのです。
開催都市を選ぶべくラグビーワールドユニオンの役員が現地を視察に来た時、釜石の地にはスタジアムどころか建設予定地の更地しかありませんでした。しかし視察の日、ラグビーワールドユニオンの役員たちが見た光景とは?

スタジアム建設の予定地、何もない更地の広場には釜石市の多くの人たちが集まっていました。その人たちは昔から土地の漁師たちが使っている大漁旗を持ち寄り、その旗を持った男たちが大勢で何もない更地の土地の中に大きな四角形を作っていたのです。
そしてその四角形の大きさは丁度ラグビー場の大きさと同じ大きさだったのです。

その光景を一目見たラグビーワールドユニオンの役員たちは即決します「ここでラグビーワールドカップを開催しよう」と。

こんな感動的なスタジアムは世界中を探してもそうそうあるわけではありません。
そしてこのスタジアムでは今回たった一試合、ウルグアイとフィジーの試合だけが行われました。
そしてその試合は、今大会の予選プールの中の試合の中で3本の指に入るほど熱くて感動的な試合になったのです。
この試合のテレビの実況アナウンサーはつぶやきました「このフィールドには魂があふれている」と。
感動的なスタジアムで感動的な試合が行われた。日本代表の活躍もそうですが、この釜石鵜住居復興スタジアムで行われたこの一試合があっただけでも、ラグビーワールドカップを日本で開いた値打ちがあったと私は思ってます。








posted by optical-shimizu_blog at 20:17| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2019年10月10日

秋のスポーツ観戦

こんにちは。
今まで、秋と思えない天気で、いまだに日中は半袖でもいいかな?ぐらい
の日もあり、朝晩はやっと10月らしい気候になってきました。

今回、仕事とはまったく関係ない話ですが少しお付き合い下さい

個人的にスポーツするのは苦手ですが見るのは好きです。(主にスポーツニュースですが……)
で、個人的な意見ではありますが、今年はワールドクラスのスポーツ大会がすごく多く感じます
毎年ならば野球がクライマックスシリーズのシーズンぐらいしか思わないのですが?

「柔道」、「陸上」、「バレーボール」、「体操」、「ラグビー」
   (世界ではありませんが、国体も開催中なんですね。)
今回、アジアで初の開催となったたラグビーは、前回からかなり注目されているように思いましたが、
オリンピックの話題性がすごく優先し、放映権の事情もあり、テレビであまり取り上げていなかったので、
盛り上がるかな?と思っていましたが、始まれば選手の活躍もありすごい大会になっていますね。
世間で言うと「にわかラグビーファン」がかなり増えたとか?????

観戦されていた人が、「試合を見るのも初めてだし、もちろんルールもわからまい」と
笑って言っておられました。想像ですが、約半数の人がにわかファンかもしれませんネ。
テレビで反則のルール説明のテロップがでますが、大変助かります。

日本戦以外でも観客も多いですし、日本人がその試合の国のユニフォームを着て普通に応援されてました
また、各開催地の試合で各国の国歌を熱唱したり、それが日本流の「お・も・て・な・し」
ひとつなのかな?と勝手に思っています
これから、日本が初めてリーグ突破すれば、ますます盛り上がるのはまちがいないでしょう。
但し、「熱しやすく冷めやすい」のも特徴かもしれません
とにかく「今」は皆さんも頑張って応援しましょう。
    がんばれ、「ニ・ッ・ポ・ン」
posted by optical-shimizu_blog at 20:52| Comment(0) | 和邇アルタ店

2019年10月02日

きゃっしゅれすしょうひしゃかんげんじぎょう

早いものでもう10月になりました。

10月になってから変わったことと言えば
そう「消費税」ですね。
残念ながら当店では飲食品の取り扱いはなく全て10%となりました。

実際買い物をしていると、まだ食品しか購入していないせいもあり
増税を実感するタイミングがなかなかありません。

そんな中キャッシュレス消費者還元事業なるものが同時にスタートしていますが
見切り発車感がものすごくあり、当社でも申請済みであっても審査が終わらなかったり
審査が終わって対象事業者になっているのにポスターが届いてなかったり
公式地図に掲載されていなかったりと、かなり遅れをとってしまっています。

各店共に登録申請済みですが、店舗によって適用される決済方法が違いますので
詳しくは店頭にておたずねください。

キャッシュレス・消費者還元事業 公式HP
https://cashless.go.jp/
posted by optical-shimizu_blog at 19:20| Comment(0) | アドガワ店