2019年07月25日

避暑地?

今年も先日7月24日に近畿地方の梅雨が明けました。
梅雨の間は空気がジメジメとはしていましたが気温もあまり高くならず、ある意味過ごしやすく感じていましたが、梅雨が明けた途端にこの熱気は反則級です。
毎年の事ですが皆さま、熱中症には気を付けましょう。熱中症は早めに対応すると比較的症状が軽くて済むそうです。

さて暑い夏、冷たい食べ物や飲み物で涼をとるのも良いですが、一定量を超えると体にも負担がかかりますし、ここは思い切って涼しい避暑地にお出かけするのをおススメします。

でも滋賀県の涼しい避暑地ってどこ?そんな処はお金もかかりそうだけど。

大丈夫です。ここでは近所にあって、費用もかからず気軽に行ける避暑地を紹介します。
そこは、沢山の樹木に覆われて、とても静かで心落ち着き、心身ともに涼しくなれるところ、鎮守の森に囲まれた「神社」です。


そんな涼も取れる神社として滋賀県内で私が一番におススメするのは竜王町にある「苗村神社」。
苗村神社には西本宮と東本宮があり、国宝の建物がある西本宮も良いですが、涼をとるなら東本宮がおススメ。
東本宮は薄っすらと暗いくらい沢山の樹木に覆われていて真夏の午後、猛暑日の最中においても上着が欲しくなるほどの涼しさを感じます。

あと彦根の井伊神社なんかも涼しくておススメですね。
彦根の城下町観光のついでに立ち寄っても良い処です。

そういえば多賀大社の本殿奥にあるお稲荷さんへと繋がる道も木々に覆われていて涼しい処です。


ただでも今ご紹介した神社は滋賀県湖西地区に住んでおられるシミズのお客様には少し遠方過ぎるかもしれませんね。

そんな遠くに行かなくても皆さんのご近所に神社があれば、その神社の多くは鎮守の森に守られている所が多いので涼しいと思いますし、今年の夏の炎天下の昼下がりは、ぶらっと近所の神社に出掛けて涼をとってみてはどうでしょうか。

そんな動機で参拝してもバチは当たらないと思いますよ。新しい発見があるかもしれません。




神社関連、おまけの小ネタを一つ↓

高島市安曇川町にある「田中神社」をご存知ですか?
1200年以上前からある由緒正しきこの神社。一説には「田中」姓の発祥の地と言われています。

田中神社1-ブログ.jpg

と言うことはですね、メジャーリーグで活躍するピッチャーも、新潟出身の元総理大臣も、あのいくつになってみ綺麗な女優さんも、昔のハリウッド映画ベストキッドで少年に空手を教えていたお師匠さんも、もちろんあなたの周りの田中さんも、日本だけでなく世界中で活躍する田中さんすべてのご先祖様のルーツは、この田中神社から始まっているという事らしいのです!
高島の神社が一気にワールドワイドになりました。

世界中に散らばって活躍する田中(tanaka)さん、田中神社のある高島市から応援します、頑張って!!


posted by optical-shimizu_blog at 19:35| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2019年06月18日

人の集まる場所

滋賀県の隠れた名所をご紹介するこのコーナー?
今回は滋賀県内のかわいらしい駅を二つご紹介。

一つ目は彦根市にある近江鉄道「鳥居本駅」です。

鳥居本駅.jpg

どうです?かわいい駅でしょ?まるでおとぎ話に出てくるような駅みたいといったら言い過ぎでしょうか。
さらにこの鳥居本駅の周辺の街は、江戸から明治、大正、昭和と様々な時代を感じさせてくれるような古い街並みもありまして、一度訪れたらもう一度来たくなるような場所です。
筆者おすすめ。


そしてもう一つの駅は、シミズ本店から北へ数100メートル歩いたところに現存する江若鉄道近江今津駅跡です。

1921年から1969年まで湖西地方を走っていた江若鉄道。
もちろん今は影も形も線路の後は残ってはいませんが、ところどころその名残を感じることは出来ます。

大津市内の江若鉄道廃線跡は、浜大津あたりの「大津絵の道」をはじめ、現在も周辺の方々の生活道路として住民の方々から重宝されている道が多くあります。

そして高島市内に入ると、江若鉄道の廃線跡はさらに確認し難くなりますが、よく見ると所々に廃線跡であろう細い道が散見できてマニアには堪らない感じとなっております。

ただ高島市内には江若鉄道の往時をしのばせてくれる建物が唯一現存しています。
そうです、江若鉄道の終点だった江若近江今津駅の建物跡が今も建っているのです。

江若今津駅.jpg

現在は倉庫として使用されている旧近江今津駅ですが、さすがに老朽化には勝てず解体されてしまう運命となっておりました。
昭和のレガシーがまた一つこの世から消えてしまうのでしょうか・・・

だがしかし、今年の5月に地元の有志の人たちが愛されてきた駅舎を守る為、その名も「江若鉄道近江今津駅舎の会」という団体を立ち上げて、この駅舎の新たな保存、活用案を探していかれるらしいのです。

地元出身の筆者としてはすごくうれしい話題の一つでした。

昔から駅はたくさんの人が集まる場所です。
もう使われていないとはいえ、そんな駅を守るためにたくさんの人が再び集まって保存活動をされる。
ちょっといい話だと思いませんか?





posted by optical-shimizu_blog at 19:54| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2019年05月25日

シミズ山城

いきなりですがここでクイズ。
北は北海道、南は九州沖縄までの47都道府県の中で一番お寺が多く建っている都道府県は?

答えは愛知県です。奈良じゃないんですね。

では神社の数が一番多い都道府県は?

答えは京都府、ではなくて新潟県です。

さてもう一問。昔のお城跡の数が一番多かった都道府県は何処でしょうか?

そうです、答えは滋賀県です。一説にはその数1300以上も!もうダントツです。

最近は山ガール、御朱印帳ガールに続いて全国各地のお城やお城跡を巡る「城ガール」なんて呼ばれる方たちも沢山おられるとか。
彼女たちは一般的なお城のイメージする天守閣だけではなく、堀切や土塁(人工的なお堀と、掘った土を高く積み上げて作った囲い)や、虎口(お城の入り口みたいなところ)跡の遺構などを熱心に見るなど、かなりマニアックなお城の観察をされるらしいです。
恐るべき、城ガール。


さて滋賀県のお城の話に戻って。
滋賀県の中にもシミズの本店がある滋賀県高島市には信長や光秀なども関係する見応え十分な大溝城跡がありますし、マイナーな所では今津町の伊井城跡、新旭町の新庄城跡、安曇川町の田中城跡なんかもありますので、興味があれば訪れてみてください。


そして今回の滋賀県の隠れた名所シリーズ第2弾として登場するは新旭町の奥にある、その名も清水(シミズ)山城跡です。

清水山城は高島七頭の一つ、高島氏の佐々木高信が今から800年近く前に新旭町・熊野本の丘陵に建てた山城で、織田信長の高島攻めにて落城するまで300年近くも威容を誇ったお城です。

ですので現在はもちろんお城の形はまともには残っていませんが、堀切や土塁の跡が比較的はっきりと残っていたり、虎口の跡をちゃんと看板で教えてくれてあったりと、城ガール達にとっては見どころたっぷりのお城の旧跡となっております。

お城の本丸跡までの行き方は、スタート地点でもある新旭にある野球場近くのテニスコート横の坂を上っていくコースとなっております。
道中いくつかのルート案内看板、城跡の見所を教えてくれる看板などがありますので楽しめると思います。

城ガールだけでなく、気が向いたら貴方も登ってみてください。全行程2時間もかかりませんよ。

(残念ながら2019年5月時点ではお城への登り口は獣害により一旦閉ざされております。再開を待ちましょう)


posted by optical-shimizu_blog at 18:13| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2019年04月18日

サクラサク

4月も半ばを過ぎまして新元号の令和フィーバーも一休止、それと同じく湖北の桜も盛りを過ぎたようでございます。
ちなみにウチのベランダで桜の盆栽を育てているのですが、丁度昨日満開の時を迎えてくれました。


ブログ 桜2


びわ湖北部の海津大崎のように湖畔に迫り出すように咲く勇壮な桜も良いですが、このように小さく可憐に咲いてくれる桜を肴に花見をするのも一興かもしれませんよ。

ちなみに私は盆栽作りを始めたばかりの一年生ですが、花が咲いたり新芽が出たり、少しだけ大きく成長していたりと、毎日ほんと少し微々たる違いしかないのですが、この盆栽たちの現在と将来の姿かたちを想像しながら眺めていると、まったく時間を忘れてしまいます。

もし新しい季節に新しい趣味を探しているお方がおられましたら是非、盆栽の栽培をお勧めします。
楽しいですよ。


さて海津大崎の桜は見ごろを過ぎましたが、滋賀県北部には今からでも間に合う、もう一つの隠れた?桜の名所があるのをご存知でしょうか。


長浜市賤ヶ岳の古戦場の近くにあります伊香具神社ではこれから八重桜の見ごろを迎えます。

ブログ 参道

道路から神社に向かう参道を覆うようにして赤や白、幾本もの八重桜が咲いてくれます。

ブログ 参道2

染井吉野ほど艶やかな色彩ではないのですが、静けさの中に咲き誇る八重桜もまた癒しの時間を与えてくれるはずです。
今年はどうかわかりませんが、ライトアップをしている時もあるようです。
お近くを通ることがありましたら一度ご覧になって下さい。

ブログ 花
画像

こんな形で今後も不定期に、滋賀県大好き人間である私が、滋賀県のまさしく隠れた名所を紹介していくコーナー、密かにシリーズ化、狙ってます。
posted by optical-shimizu_blog at 20:39| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2019年02月07日

ジュエリーリフォームフェアのお知らせ

こんにちは。 タイム&ジュエリーです

インフルエンザが流行ってますが皆さんは、大丈夫ですか?
ご注意くださいませ

予告!!
2月10日〜17日迄「ジュエリーリフォームフェア」を開催いたします
   「少しデザインが古くなったなー」
   「リングをネックレスに変えてみたい」
   「シンプルなデザインから華やかなデザイン変えてみたい」など 理由はいろいろ、

 デザインはサンプル(又はカログ)からお選びください
  見積もりは無料 ご興味ある方は是非見に来てください
リメイク100
posted by optical-shimizu_blog at 18:04| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー