2023年01月21日

しが割第2弾

こんにちは、堅田店です。
新年も、20日も過ぎてしまいましたが、今年初めてということで
「本年もどうぞよろしくお願い致します。」
やはり、一月なので寒いですが昨年と比べると雪が無くまだ過ごしやすく感じます。
コロナも相変らず感染者数も滋賀県でも毎日1,000人以上超えています。
皆さんの認識次第で変化するとおもいますが、この話題から離れたいですね。

さて本題にはいりますが、「滋賀を元気に」しが割キャンペーン第2弾
1月23日からスタートします。

画像1.jpg
シミズ全店でご使用いただけます。
是非ご来店ください。お待ちしております
posted by optical-shimizu_blog at 20:11| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2022年12月18日

多国籍軍VS闘士

年齢と共に発生頻度がふえるこむら返り、もちろん私は毎晩のようにこむら返りに襲われます。


今回の話題は本当の無駄話で申し訳ないのですが(いつも無駄話では?)徒然と。

2022年12月、四年に一度のサッカーの祭典ワールドカップが中東の小さな国カタールにて行われました。

色とりどりのユニフォームを身にまとった各国の代表選手や、肌の色が違うサポーターたち、思い思いの応援スタイルなどでスタジアムはカラフルに染まりましたね。

今大会も見どころ満載でしたが、個人的にはモロッコ代表の魂のこもった戦いや、初戦でまさかの敗北を喫し崖っぷちに立たされた後、全試合決勝戦の覚悟で勝ち進んだアルゼンチン代表、スピードとテクニックの融合が歴代最高のプレーヤー・フランス代表のムバッペ選手が印象に残りました。
もちろん参加した32か国すべてのチームが個性的で魅力あるチームであったのは間違いないですが、今回は各国を代表して決勝に残った2チーム、フランス代表とアルゼンチン代表のチームカラーのお話を少々。


☆フランス代表
 
フランス代表を一言で表せば「多国籍軍」です。
通常各国代表チームは基本的に自国民から選ばれますが、フランス代表はヨーロッパの本国だけではなく、太平洋、大西洋、インド洋、南アメリカなどにあるフランス海外領土からも選手が選ばれています。
人種宗教生活スタイルが違う選手が集まるのですから、上手くいかなければ単なる寄せ集め集団、ワンチームとなるには乗り越えなければならないハードルが数多くあるはずです。

さらに階級社会が色濃く残るフランスでは、サッカーは労働者のスポーツとして一段下のスポーツと認識されていた時間が長かったこともあり、過去のフランス代表はチームとして纏まりきる事が出来ず、大きく活躍することなく消えいきました。

そんな認識を変えたのが1998年に自国フランスで開催されたワールドカップです。
大会の開始当初は静かな雰囲気だった国内も、フランス代表が勝ち進んでいく毎に、それまでサッカーに興味のなかった人たちにも変化が出てきます。
自国フランス代表が決勝に進む頃には国中がサッカーを起爆剤にして愛国心にあふれ熱い熱狂の渦に包まれていきました。
フランス代表が王者ブラジルを決勝で破った瞬間には、パリの凱旋門前には老いも若きもブルーカラーもホワイトカラーも一切関係なく集まった何十万人といわれる群衆の喜びの熱気で燃え上がったと言われています。

そして国中が一つになったフランス代表は、そのあとの7大会で実に4回も決勝戦に残るほどの強国になったのでありました。


☆アルゼンチン代表
アルゼンチン代表のサッカーを表現するなら「闘士たちのサッカー」とでもなるでしょうか。
アルゼンチンの選手はボールを持てば先ず前を向きます。背中をかがめ前のめりの姿勢となってドリブルを始め前進します。
相手が誰であろうと何人待ち構えていようと恐れることを知らずに前に進みます。
それを見てアルゼンチンサポーターたちは世界一激しい声援を送るのです。

そして何年かに一人、マラドーナやメッシのような天才が現れ、その前に進むしか知らない愛すべき闘士たちを操れる選手が現れると、世界の強豪国へと昇り詰めるのです。

メッシ選手は今回のワールドカップが最後の大会らしいですが、これからまたアルゼンチンに新たな天才が現れるのか興味津々です。





しかし、好きなことを語るって楽しいですよね!(^^)!
posted by optical-shimizu_blog at 16:17| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2022年12月07日

こむら返り

こんにちは。堅田店マイングラスです。
もうはや、12月となりました。
一年を振り返る方も多いとお思いますが、個人的に社会的なことは暗い事しか浮かばず、
今もサッカーのワールドカップが開催されていますが、スポーツの事を思い出してしまいます
何故か、昨年の様に思いますが冬季北京オリンピックも今年だったんですね。

前置きはこれぐらいにして、
今回も仕事とは関係なく、ここ最近よくなる症状で
本題の「こむら返り」について少しお付き合いください。
皆さんも一度は経験されたことがあると思いますが、非常に痛い辛いですよね!
どこかの製薬会社から薬も出ているぐらいですから…

足がつることを「こむら返り」と言い、ふくらはぎなどの筋肉が収縮してけいれんを起こした状態です。「こむら」とは、ふくらはぎのことです。 安眠中に襲われるふくらはぎの激しい痛みに、「どうにかしたい」と思う人は多いのではないでしょうか?
こむら返りは9割の人が経験すると言われ、年齢とともに発生頻度は増えるそうです。(だからかな)

原因として…
よく分かっていませんが、脳からの指令で筋肉を動かす運動神経の興奮が一時的に高まってしまうことが原因と言われています。血液循環が悪くなることも影響していると考えられます。

皆さんは、なった時どうされていますか?
こむら返りの発生は突然です。特に睡眠中に起こると、眠気と痛みで早く治したいと焦るでしょう。それでも症状としては筋肉が収縮しているだけなので、落ち着いてこわばりをほぐすことが大切です。
 膝を伸ばしたまま座り、つった方の足の爪先をつかんで、ゆっくりと手前に引っ張る。
 アキレス腱を伸ばす要領で足を前後に開き、つった方のふくらはぎをゆっくりと伸ばす。
  壁に両手をついて行ってもよい。
 ふくらはぎ全体をほぐすようにやさしくマッサージする。
 患部をお湯や蒸しタオルなどで温める。

予防のためにできること
 水分・ミネラルをこまめに補給
 体を冷やさない
 湯船に浸かる
 空いた時間でストレッチや屈伸を
 栄養バランスに気を配る
 重い掛け布団を使わない

みんな当たり前のことだと思いますが… それがなかなか難しい! 出来ない
もしもなってしまったら参考にしてください。


 

 
posted by optical-shimizu_blog at 18:02| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2022年10月02日

油揚げ

天高く馬肥ゆる秋、一年で一番過ごしやすい季節がやってまいりました。
川の土手などには彼岸花が真っ赤な色彩を添えてくれていますし、心地よい爽やかな風に吹かれながら、水蒸気の少ないカラッと晴れた空を見上げ大空を気持ちよさそうに飛ぶ鳥たちを眺めていると、気持ちよくって嫌なことなども忘れてしまいますよね。


空を飛ぶ鳥と言えば

「トンビに注意」

最近コンビニやお土産物屋さんで、こんな風に書かれた看板やメッセージボードを見かけたことはありませんか?

外でお菓子やお弁当を食べていると、背後からなど死角から突然トンビ(鳶)が飛んできて食べ物を横取りされた経験がある方も中にはおられると思います。
トンビたちって空を飛んでいるときは「いかにも私は貴方のお弁当なんか興味が無いですよ」って顔をして油断させながら、一気に空から食べ物を狙いに来るから本当びっくりします。

でも、あんな空高くから人が手にしている小さな食べ物を、しかも人の隙を狙って掠め取るなんて、すごい芸当だと思いませんか。


トンビなどの猛禽類の視力は一般的に人間の約10倍と言われています。
例えば、私たちが健康診断などで視力検査をするときに、ランドルド環というアルファベットのCのような物を使用しますが(ランドルド環検査では5メートル離れた距離から大きさ7.272mmの丸の一部にある1.454mmの隙間の方向が分かれば視力1.0として定義されます)、彼らトンビなどの猛禽類の視力が10倍ということは、50メートル離れたところから視力1.0の指標が判別できることになるということです。
えーっと、もはや想像がつかない見え方の世界です。


でも本当に彼らの視力が凄いところはそこじゃありません!
想像してみてください、大空から獲物めがけて一気に急降下するということはですよ、何10メートルの離れた距離から何センチメートルの至近距離まで瞬間的に動く小さな獲物に常に眼のピントが合わせられる芸当を持っているということなのです。

彼ら猛禽類の眼の中には、眼球内部の網膜(フイルムのような物)のさらに奥にある、物を見るときに最も重要な役割を果たす「中心窩」という眼の部分をなんと二つも持っているのです。

つまり彼らは一つの中心窩で遠方から獲物をロックオンしたあと、獲物に近づけばさらにもう一方の中心窩に切り替えて見ることにより、目の前の獲物にピントを合わせることが出来るのです。

望遠レンズと近距離撮影できるカメラを二つ併せ持ち、それを瞬間的に切り替えられる能力を持っているということなのです。

最新型のスマートホンについているカメラ機能と同じ性能、恐らくそれ以上の能力を彼らの眼は備えています。
これって本当にすごい能力なのですよ。



今後、もし貴方がトンビなどを見かけた時には彼らの眼の良さを、素晴らしい構造に想像を巡らせてみてください。
でも、ご自分の手の中のお菓子を取られないようにお気をつけて。




posted by optical-shimizu_blog at 19:13| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2022年09月22日

目の愛護デー

こんにちは、マイングラスです。
少しコロナも落ち着いてきたような気がしてきましたが
感染者ゼロ!!には、まだまだほど遠いですね。
先日の、イギリスでの国葬の中継を見ていましたが、
全員、‘ノーマスク‘あの群衆の中で誰もマスクをしていないなんて
現在の日本では考えられない光景でした。
今度27日に国葬がされるようですが、あの光景では怖くていけないような気がします

さて本題に入りますが、身体の一部で大切な「目」に関するお話です

もうすぐ10月、「目の愛護デー」とされているのが10月10です。
パソコンやスマートフォン、テレビなど、私たちは日常生活において気づかないうちに目を酷使しています。
そこで、
「日常生活に取り入れたい目にいい健康習慣」すごく簡単、1分でできる「目にいいこと」4つを紹介します

・空や遠くを見る>
 「人は近くを見る際、目の中にあるピントを合わせるための『水晶体』や、その水晶体を調節するための『毛様体筋』が緊張した状態になり、目にとても負担がかかってしまいます
反対に、遠くを見ると毛様体筋は弛緩(しかん)します。そのため、遠くを見ていると目はリラックスできますし、いろいろな距離を見ることは目にとってよいのです」。遠い位置にある時計やカレンダーを眺めたり、時には屋外に出て空を見上げたり……。方法は人それぞれ…、できる事を習慣づけましょう

・目をぐるぐる動かす眼筋体操
目を支えている筋肉をほぐすための目の運動も、目にとってよい効果があります。
「目を閉じた状態で上下を見るように目玉を動かしたり、右回り・左回りにぐるぐる動かしたりしてみると
目を閉じた状態のストレッチで、目の周りの筋肉がほぐれます
この目を動かす「眼筋体操」を行うと、血行もよくなる効果が期待できるといわれてます。

・意識的な「しっかりとした」まばたき
瞳をきちんと閉じきらないで、開いたままの状態でまばたきをしてしまうときがあるんですね。空振りまばたきばかりしていると、涙が流れ出てしまったり、「涙目なのにドライアイ」という症状の人が出てきたりするというわけです。涙は酸素を目に供給するという役割もあり、ドライアイ対策として、「上まぶたがしっかりと下まぶたに着地するまばたき」を意識的にすることを覚えてきましょう。

・目を冷やす・温める
「疲れ目には、どちらかというと目を温める方が有効です」「血行もよくなります」。
また、ホットとクールを交互に体験させるのも、目にはよい。
十分に温かいもので顔をしっかりと洗った後、冷たいシャワーを浴びるのもいいかもしれません。

自分のできる習慣からトライしてみましょう!
「目を大切にしたい」という気持ちはすべての人に共通のはずです。
まずは自分のできる範囲内から、目にいい健康習慣を始めてみてはいかがでしょうか❢


posted by optical-shimizu_blog at 09:34| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー