2018年11月22日

たまにはマジメな話を

当方このお仕事につかせてもらって20数年。
就業した初期のころは勉強のために色々な場所に研修にいかせいただきました。
その時に聞いた講義で今でも忘れられないお話があります。




『小さなお子さんを連れて眼科さんに診察に来られたお母さんがおられました。
お子さんの視力検査が終わった後、お医者様曰く「お子さんの目には乱視が入ってますね」
その場ではなにも言わなかったお母さん、でも後でお医者様が診察室から出ると先ほどのお母さんが前のベンチに座ってさめざめと泣いておられます。
不思議に思ったお医者様が聞いてみると、お母さんは自分の子供さんの目には乱視という恐ろしい病気があるのだと勘違いして、悲しく泣いておられたらしいのです。』





もちろん乱視は病気ではありません。皆さんの顔が全員同じ形ではないように、目の形もみなさん違います。表面の角膜や目の中にあるレンズ水晶体が100%真ん丸ならば乱視はありません。でも、そんな人はほとんどおられないので人の目には大抵乱視は入っています。



ブログ2



僕らからしてみれば当たり前の話で何の心配もない話なのですが、乱視を知らなかったお母さんはすごく心配されたことと思います。


どんな世界でもそうだと思いますが、自分が過ごしている世界で当たり前のように考えている事柄は、このお医者様のように他の人も当然知っているものと勘違いしてしまうミスをおかしてしまうことがあると思います。

当たり前のことを当たり前と考えず、しっかりと説明して理解していただく。
とても大切なことだと思いますが、気が付くとそのことを疎かにしている自分がいます。

そんな時は、20年以上前に聞いたベンチで泣いていたお母さんの話を思い出して、シッカリせねばと改めて思い直すのでした。


posted by optical-shimizu_blog at 00:00| Comment(0) | 和邇アルタ店

2018年10月18日

天高く・・・

皆さま、こんにちは。
天高く馬肥ゆる秋、いかがお過ごしでしょうか?

さてこの慣用句「天高く馬肥ゆる秋」。ご存知の方も多いとは思いますが元々は古代中国からやってきた言い回しらしいです。

昔の中国は何千年もの間、北からやってくる騎馬民族の襲撃に悩まされていました。
秋になって天敵である騎馬民族が養っている馬達の食欲が上がって元気になってくると、その馬に乗って騎馬民族がいつ自分たちのもとへ襲ってくるかわからないから気を付けよう、という警告の言葉らしいです。
結構切実な意味を持つ言葉だったのですね。
古代中国の人は秋になると北の空を眺めてストレスを感じていたのでしょうか。


さて馬と言えば、先日京都競馬場にておこなわれた競馬のG1レース秋華賞で3歳牝馬(女の子のお馬)の「アーモンドアイ号」が桜花賞・オークスに続いて勝利し、見事に牝馬三冠の偉業を成し遂げました。

このお馬の名前になっているアーモンドアイ。人間でアーモンドアイと言えば切れ長の瞳をあらわして美人の条件の一つにもなっておりますが、お馬のアーモンドアイ号はまさしく強くって、さらに美人さんってことになりますね、完璧な女の子です(笑)

さてそんなアーモンドアイ号もそうなのかもしれませんが、競走馬サラブレッドのなんと90%がストレスによる胃潰瘍になっているそうです。意外な話にショック。

うーん、現代社会もストレス社会ですが、古代の人にも、さらには競走馬の世界にもストレスってあるのですね。まさに、まさに人の世界も馬の世界も合わせて総ストレス社会。





そんなストレス社会を戦っている現代女性のために東海光学株式会社(本社愛知県)が新商品を開発されました。

その名は


vivipink-01s.jpg

  vivipink-07.jpg


このメガネ「美美Pink」は、こんな方にお勧めです。

•落ち込んだ時、気持ちの切り替えがすぐにできず、まわりに迷惑をかけてしまうことがある。•美活を始めたいが、何をしていいかわからない。
•暴飲暴食など、間違った発散の仕方をすることがある。
•美活のために、色々なサプリメントや漢方を試しているが、はっきりとした効果を感じたことがない。
•運動が得意でなく、リフレッシュやコンディションの維持が苦手だ。


まさに現代ストレス社会を頑張って走っている女性たちの為に開発された商品なのかもしれません。

最近ストレスを感じて疲れている方も、もちろんそうでない方も、一度店頭にて「美美ピンク」試してみてください。
posted by optical-shimizu_blog at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 和邇アルタ店

2018年09月13日

長月

9月になりました。気がつけばいつの間にか空が高くなって、日中も少し過ごしやすくなってきました。

さて、9月は別の呼び方では長月(ながつき)とも言います。これは「夏が終わって夜が長くなった、お月様が長い時間見える」から長月と呼ぶらしいです。
ちなみに先月の非常に暑かった8月は葉月(はづき)とも呼ばれます。「葉が赤や黄色に色付き始めて、落ち葉が始まる月」だから葉月と呼ぶらしいですよ。

おや?植物がキラキラと光る8月なのに落ち葉が始まる月っておかしいですよね。
これは新暦と旧暦の違いで、昔の旧暦の8月1日は現在の新暦では9月10日になるとズレがあるからなんです。
現在の感覚ではちょうど今の時期から、草木が色付き始めて落ち葉が始まる季節になるんですね、これで納得。


さてさて、葉月といえばまだまだ人気のハズキルーペ、今回さらに新色が販売されます。

「ルビー」カラーと「ブラックグレー」カラーの2色が販売

ルビー
OR63540623.jpg
カラー赤よりもクリアー感の高いお色となっております

ブラックグレー
OR63540625.jpg
カラー黒より少し薄めのお色となっております

販売開始は9月中旬からとなっております。
店頭では入荷次第のご案内となります。
posted by optical-shimizu_blog at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和邇アルタ店

2018年08月09日

8月7日は立秋でした

まだまだとんでもなく暑い日本ですが、遥かヨーロッパのスペインやポルトガルでは気温がなんと48度を超えたとか超えないとか!!
この日本の夏よりさらに10度近くも気温の高い世界なんて想像さえもつきません。


ちなみに暦の上では8月7日はり二十四節句の一つ「立秋」でした。
立秋と聞くと、世の中まだまだ暑いのにもう暦の上では季節は涼しい秋になったのか!と勘違いしてしまいますが、次に来る二十四節句には8月23日に「処暑」という節目の季節があります。

処暑とは暑さがやむ季節とされ、そこでやっと少し涼しさを感じられる季節になるといわれています。
つまり立秋を過ぎても暑さはまだまだ続くという事みたいです。

早く寝苦しい熱帯夜が終わって、リーンリーンと虫の音が聞える涼しい夜が来てほしいですね。


そういえば皆さま、リーンリーンの虫の音はまだ少し先としても、今年の夏「プーーン」のあの嫌な虫の音をあまり聞かないと思いませんか?
真夏の熱帯夜をさらに寝苦しくさせてくれるプーンの虫の音、そう蚊の羽の音です。


ご存知の方も多いと思いますが、今年の夏は暑すぎて蚊が飛んでないそうなんです。

蚊が活発に活動するのは気温が26度から32度の間といわれ、今年みたいに連日35度を超えるような気温の中ではほとんど活動しないそうなんですね。

折角人の血を吸って卵を産む準備をしても、その卵を産む水溜まりが暑すぎたら卵がかえらなくて駄目だかららしいです。

プーンの音が聞えないのはありがたいですが、理由を聞くとなんだか少し可哀そうに思えてきますね。


そこで、最近あまり聞かない蚊の羽音を懐かしんで?、少し耳のゲームみたいなものをしてみましょう。
リンク先は当社で扱っている補聴器メーカーのサイトですのでご安心を。


https://www.signia.jp/mosquite-noise/


あなたの耳年齢はお幾つでしたか?

プーンの羽の音は聞こえると嫌なものですが、聞こえなかったら聞こえなかったで複雑なものですね。
posted by optical-shimizu_blog at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 和邇アルタ店

2018年07月05日

ドーブライ ディエン、ロシア語でこんにちは。

4年に一度の世界的なお祭り、サッカーのワールドカップロシア大会が開催されました。
われらが日本代表も、誇り高く自らの持てる力を十二分に発揮して戦い、この先ずっと何年も記憶に残る、きっと忘れられないであろう戦いをしてくれたと思います。お疲れ様でした。

さて今回はそんなサッカーにまつわる小ネタから↓


とあるイギリスの学者さんが、「サッカーファンの幸福度」なるものを調査されました。
この学者さんは、定期的にサッカーの試合観戦を行う約3万2000人に対して、試合後にどのような気分になったかを聞いて集計し、その結果を幸福度という数値に変えて発表しました。
この場合の幸福度とはサッカーファンの方が自分の応援しているチームが試合に勝ったり負けたりした時のうれしい気持ちや、悔しい気持ちの変化をポイントとして数値化したものです。

この調査によると応援しているチームが試合に勝利した場合、サッカーファンの幸福度は平均3.9ポイント上昇するそうです。うれしい気持ち、楽しい気持ちが幸福度を3.9ポイント上げるということですね。

逆に応援するチームが負けてしまった場合は幸福度が平均7.8ポイントも下がるそうです。
悔しい気持ち、悲しい気持ちが幸福度を下げてしまうということです。
つまりサッカーファンにとっては試合に勝利した時の幸せな気分よりも、負けてしまった時の気分の落ち込みの方が2倍近くも大きくなるようです。これは応援する方も力が入りますね。

さらに、試合結果によって得られる幸福度の変化は、テレビ観戦した人と実際にスタジアムで観戦した人では、実際にスタジアムで観戦していた人の方がより大きくなるとのこと。

たとえば実際にスタジアムで試合を観戦した際に得られる勝利の瞬間の喜びは、なんと平均で10ポイントも幸福度が高くなるらしく、自宅などのテレビで試合を観戦している人の幸福度と比べて3〜4倍も高いものとなるそうです。

もちろん試合に負けてしまった時のダメージもスタジアムで観戦しているサッカーファンのほうがより大きくなってしまうのですが・・・。

(ちなみにこの幸福度が10ポイントもあがる行動は、この勝利の喜び以外では大好きな異性とデートする時くらいしかないそうです)



さてさてそれはさておき。
そんな幸せな気分になりたくて実際にスタジアムでサッカー観戦したとき、特にゴールが決まった瞬間なんかはスタジアム全体にものすごい大歓声が上がりますよね。
そんな時に、もし補聴器をつけている方がサッカー観戦していたらどうなると思いますか?

突然そんな大音量が、さらに補聴器を通して大きく聞こえてきたら耳が壊れてしまいますよね。

でもご安心を。
最近の補聴器はある程度の大きさ以上の音は、それ以上大きく聞こえないように瞬時に音を圧縮し音量を下げてから耳に届けてくれるので危険はありません。


ただ音を圧縮してしまうと、どうしても音の形がかわって歪んだ音になってしまいます。

でも最近の補聴器の中には、ただ大きい音を圧縮するだけではなく、大きな音の音としての形を変えずに耳に届けてくれる機種も登場しています。

この機能が補聴器にあると、たとえば映画館の大音量でアクション映画を見たときの臨場感や、クラッシクコンサートなどでも音楽をより自然に近い音として耳に届けてくれることが出来るのです。

この機能がついた補聴器をご利用になると、あなたの幸福度も上がるかもしれませんよ。

詳しくはシミズ各店舗の従業員にお気軽にお訊ね下さい。

少し長い文章でしたが最後まで読んでいただきスパシーバ(ロシア語でありがとう)です!
posted by optical-shimizu_blog at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和邇アルタ店