2019年02月21日

高島市湖西地区の春の訪れが間近…

地元ではほとんどの方に知られている群生植物。
我が滋賀県の湖西に春の訪れを告げる植物として知られる座禅草が、饗庭野(あいばの)の伏線水が創り出した自然の傑作、高島市今津町弘川の湿原に群生している。お坊さんが座禅をしている姿に似ていることから名付けられたという「座禅草」は、高さ10〜20cmのサトイモ科の植物で、これから見ごろを迎える2〜3月に赤紫色の包に包まれた花が咲く。このあたりは県の緑地環境保全地域に指定されており、遊歩道が整備されています。

これだけ群生している場所は県内でも非常にめずらしく、平成元年8月30日に滋賀県緑地環境保全地域に指定されました。
春の訪れ.jpg
posted by optical-shimizu_blog at 11:29| Comment(0) | リプル店

2019年01月17日

今年の冬は暖冬?って噂ですが…

年末は少し冷え込みましたが、今回のお正月は比較的寒さも穏やかで過ごしやすい三が日でもありました。
昨年の同時期1月下旬から2月にかけてはかなり冷え込み、中国地方から北陸地方にかけ大雪にも見舞われ、福井県では国道が通行止めとなり当店の取引先が集中している鯖江地方の問屋さんとの商品取引にも大きな影響が出てお客様にも大変ご迷惑掛けた時期でもありました。今年は大きな寒波も今のところは出ていなく昨年みたいな交通網への影響も無いことを祈るばかりです。

下の画像は昨年1月24日 会社からの帰宅時に自家用車内から撮影した画像です。
よくご覧いただくと分かりますが、車外温度計が氷点下3度を表示していました。
この地方では車外温度計が氷点下3度は滅多にお見かけする事はありません。
めちゃくちゃ寒く、フロントガラスはカチカチに凍りつき全く前が見えませんでした。
ヒーターで温風を送り凍ったウインドウガラスの氷が解けるまで待機していました。
H30.1.27 (2).jpg


それから三日後の1月27日朝、出勤時間の様子です。カーポート内から自宅前を撮影した画像です。50〜60pはあったみたいです。
その後車で出勤し仕事を終え帰宅時にはさらに積雪は増え車通勤の自分たちも大雪の中帰路に就いたことを覚えています。
H30.1.27 (1).jpg

今年は「暖冬かも…」とメディヤ等で噂をよく聞きますが 噂通りであることを願いたいです。
大雪は私たち違う他業種の方中には待ち望む方も沢山おられると思いますが…
小さな子供さん達は雪が積もると喜ぶでしょうがね…
雪が積もると自社の販売業にとってはお客様の足が遠のく厳しいシーズンでもあります。
posted by optical-shimizu_blog at 17:37| Comment(0) | リプル店

2018年12月13日

補聴器電池も環境保全の新しい時代に変わってきています!

補聴器電池.jpg

過去には、補聴器などの用途には小型の水銀電池が使われてきました。
世界的に環境保全への意識が高まり、国連環境計画(UNEP)による水俣条約(2013年)、日本国内における「水銀による環境の汚染の防止に関する法律」(2015年)の制定などを通じて、水銀から私たち自身の健康と環境を守る取り組みが行なわれています。
電池業界では、これまで乾電池の水銀ゼロ化(1992年)、水銀電池の生産・販売中止(1995年)等によって環境への負荷軽減に努め、ボタン形の空気亜鉛電池が水銀電池の代役を担ってきました。しかしながら、性能・品質面の理由から今なおごく僅かの水銀が使用されており、これまで完全な無水銀化は実現していませんでした。(※水銀含有率が 重量比2%未満 のものは適用除外)

電池に水銀が使われてきた時代
乾電池の水銀ゼロ化(1992年)以前の乾電池には微量の水銀が含まれていました。それはなぜでしょう?
乾電池の負極に使われている亜鉛は、腐食反応で溶け出すとガスを発生させ、電池の性能を低下させるだけなく、電池の膨張、液漏れ、破裂等の原因となります。これらを防止するために、腐食反応を抑制する水銀が添加されていました。
つまり、水銀は電池の性能、安全性を守る上で欠かせない物質だったのです。

空気亜鉛電池の構成と特徴
空気亜鉛電池はプラス極に空気中の酸素(O₂)、マイナス極材料に亜鉛(Zn)、電解液に水酸化カリウム(KOH)が使われており、公称電圧は1.4Vです。
補聴器電池は他の電池と大きく異なるのは、プラス極に空気中の酸素を使用するため、その分マイナス極の材料を増量することが可能だという点です。電池に貼られているシールテープを剥がすとその下には小さな穴ががあり、その穴から空気中の酸素を取り込んで、電池本体の中で化学反応を起こして発電する複雑な仕組みになっています。つまり、同じサイズの他の電池によりも容量が大きくなるという利点があるということです。
また、外気温や二酸化炭素等と密接な関係があり、特に寒い季節は電池寿命にも影響が出てくる事例も有る様です。
posted by optical-shimizu_blog at 10:00| Comment(0) | リプル店

2018年11月09日

年に1度の創業祭 開催します!

H30 R店周年祭

年に1度の創業祭

今回は11月9日(金)から12(月)の4日間

目玉は何と言っても リプルカードポイント 10倍進呈 です。
10倍ポイント進呈は年に1度限りでございます。 お見逃しなく!
posted by optical-shimizu_blog at 15:49| Comment(0) | リプル店

2018年08月30日

まだまだ暑い日は続きます!

 異常なほど暑い日が続く今年の夏。
お盆を過ぎた頃から比較的気温の上昇も落ち着きだしました。
しかしまだまだ日中は暑い日が続きます。

ところで意外と知られていない夏のメガネトラブル。
高温にさらされたメガネ…こうなると交換しか方法は有りません。
2018083020031435a.jpg
今まで一度経験すると気を付けますが経験のない方はぜひお気をつけください。

意外とありがちなのは高温下の自動車の中にメガネを置いてレンズが・・・・・
たとえダッシュボードやコンソールボックスも安心できません。
最近のメガネはプラスチックレンズがほとんど。
プラスチックレンズは高温密室下ではクラック(ヒビ)が入り一度入ったレンズは元に戻りません。
お気に入りの大切にしているメガネ、特に暑い時期は注意が必要です。
posted by optical-shimizu_blog at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | リプル店