2022年07月21日

続・玄関アプローチDIY 総費用1万円以内で挑戦!

地面の砂利を払い下地の均し作業から始めました。
慣れない作業に想定以上の体力消耗。
作業始めて30分も経たないうちに大量の汗と腰痛が…。
下地均しだけで初日は諦めました。
外構作業はハードです。

image0 (3).jpeg
土がカチカチ固い!!勾配も考えつつ均して行きました。
気の合う友人から左官道具は借りました。
材料はホームセンターからセメント・砂・煉瓦を買いました。材料費用は5,000円以内の低コスト。
セメントはネット購入した型枠へ流し込み、難しいカーブは塩ビパイプを利用。
(型枠と塩ビパイプで2,000円まで)
玄関から一直線のアプローチは家相上ダメと聞いていましたし、塩ビパイプでカーブを付け
両サイドは煉瓦を添わせました。
i工事Amage0.jpeg
ここまでで約半分くらい完成かな?
決してセメントを塗装した訳ではなく日数経過でだんだん白く変化していきます。
手前は当日作業した部分。よって奥の白いセメントは型採って既に一週間ほど経過しています。
ゴールデンウィーク過ぎからやり始め腰痛に襲われながら仕事休みだけの作業。
外作業であるため天候にも左右され雨の日は完全お休み。
季節柄熱中症にならない様気を付けて、次回の作業はどんなデザインにしようか思案中。
凝れば凝るだけ終わらない…晴れの休日が心待ちです。まだも少しかかりそうです。
posted by optical-shimizu_blog at 15:56| Comment(0) | リプル店

2022年05月08日

お金はありませんが時間はあります。

過ごしやすい気候となり室外で何か…
思いついた事がありました。
自宅の玄関アプローチをDIYでやってみよう〜。
さすがに資金ゼロでは無理だから極力お金を掛けずにやってみようと…。
現在デザインは思案中。
進捗状況をブログで公開してみます。
砂利を除けただけの状態からスタートです。
AP.jpg
posted by optical-shimizu_blog at 12:08| Comment(0) | リプル店

2022年04月02日

ガソリン価格の上昇いつまで続く…

ここ最近目立ってガソリン価格が上昇。
生活に欠かすことの出来ないガソリン。
食料品等の値上げはもとより身の回りのあらゆる物が値上がり続けて生活を圧迫しています。
車好きの私にとってはコロナの外出自粛&ガソリンの価格急騰でさっぱり遠出もしなくなり、
自動車は片道約7キロ程の通勤と休日の近隣の買い物に使用するくらいで
一か月の自動車走行距離も500キロ以下の寂しい事態に…
今の社会情勢は非常に複雑となり日常生活も不安だらけ。
思い起こせば1999年に結婚した頃のガソリン価格は1リットル90円くらい余裕で車を乗り回しておりました。
灯油も500円あれば18リットルのポリ容器1個でおつりがもらえました。現在はガソリンは約2倍、灯油は約3.5倍。大変な事になっています。
平和で安心できる日常生活になってほしいものです。
posted by optical-shimizu_blog at 17:05| Comment(0) | リプル店

2022年01月26日

滋賀県の意外な世界記録…

昨年暮れから年始にかけ久し振りに積もった「雪」
しかも思わぬ「大雪」
私が幼少期の頃の高島市も結構積もった記憶もあります。

当時雪が積もれば「滑り台」を父親に作ってもらい父の手作りソリで遊んだ思い出も…。
また「かまくら」も作ってもらった思い出も。子供としたら雪はたくさん積もれば積もる程楽しかった。
あの頃の父親はアウトドア好き?だったみたいで外で遊ぶ事を色々教えてくれました。
また、豪雪地帯出身の母は「滋賀の雪なんか新潟県に比べたら大したことないよ!私が子供のころは通学時は二階の窓から出入りして登校途中は電線によく躓いたものよ!」と聞かされました。
新潟県の雪は私に想像もつかない現実だったみたいです。

ところでその雪ですが滋賀にも凄い記録が残っている様で今も塗り替えられていないみたいです。
それも世界最高記録。
1927(昭和2)年2月14日。伊吹山の山頂は、11メートル82センチの積雪を観測した。日本はもちろん世界の山岳観測史上、歴代1位の記録は現在も破られていない。県彦根測候所(現・彦根地方気象台)が9年後に県内の積雪量をまとめたガリ版刷りの冊子に、その数値が青字で刻まれているらしいです。

あまり知られていませんが意外でした!

posted by optical-shimizu_blog at 16:53| Comment(0) | リプル店

2021年12月11日

20歳の娘を前に、親として…何をして来たか。

結婚して21年があっと言う間に経過…
気づけば子供も二十歳を過ぎ来年「成人式」
2001年初夏、3,140グラムで生まれて早くも二十歳。
親として成長を見守って来たつもりですがもう娘は成人。
20年間心配の連続。幼い時は度々体調を崩し夜中救急で病院へ駆け込んだ思い出があります。
また手術の為、都会の大きな病院に何日も入院した事も…。
また保育園入園早々、教室で大けがをして心配させられた事も…。

先日成人式の前撮り撮影のため知り合いの写真館を訪れました。
かなり以前から娘は楽しみにしていたらしく当日の朝からウキウキ気分。
写真館の予約も家内と私の休暇日に合わせ入館。
当日、撮影のカメラマンも私の顔見知りで安心。
髪をセットしてもらい着物に着替え笑顔で撮影開始。
前.jpeg
そんな娘の晴れ着姿を見れば今までの心配事も掻き消されました。
シャッターを切る音の中、私は色んな思いがまた…
「娘もいつかは親の手を離れ…」そう思うと何とも言えない気持ちに。
撮影終了後はアルバムにする画像の選択。これがまた手間のかかる作業。
200ショット以上の中から約1割の選出。
ようやく選出作業を終えたら家内と私の実家の両親に晴れ着を見てもらうため向かいました。
全てが終わったらもう夕方。
大変疲れた一日でした。娘も初めて着た振袖。かなりの疲労だったと思われます。
来年1月 本番の成人式。コロナの影響が心配されます。

posted by optical-shimizu_blog at 17:26| Comment(0) | リプル店