2019年08月12日

「 2019びわ湖大花火大会 」感動!約20年ぶりに観覧してきました。


思えば約20年前(結婚前)観覧した「びわ湖大花火大会」。
今回、仕事が偶然休みと重なり家族3人で観覧してきました。
現地は、観覧場所確保の為午前中に到着しましたが既に湖岸はレジャーシートに覆われ凄い状態。
超暑い中皆様熱心に場所取りに励んでおられ圧巻!さすが35万人を動員する花火大会の大迫力を目前に見たい気持ちは皆同じ。一部の方は前日から場所取りされていると噂で聞きましたが凄いの一言。

花火A.jpg

午後7時30分からプロローグ開始。
本番は15分後の7時45分
花火@.jpg
花火B.jpg
45分後の8時30分までのフィナーレまで感動につつまれました。

花火終了後の帰宅時は大混雑。辺り一面はそのまま敷かれたレジャーシートと沢山のゴミ。
おそらく翌日に関係者の方による後片付けが大変でしょうね。個人個人持って来た物くらい持ち帰って欲しいです。
帰り道はどこの道も、もの凄い人混み。結局自宅に到着したのは午後11時過ぎでした。
滅多にしない家族サービス。自分自身は超お疲れでした。
来年の開催予定は11月。ずいぶん涼しい時期の花火。花火はやはり夏ですよね!
posted by optical-shimizu_blog at 14:07| Comment(0) | リプル店

2019年07月12日

我が家に訪れた可愛い2羽の「ツバメ」

  梅雨入りしてスッキリしない毎日。
 先月の下旬から、我が家の玄関ポーチの外灯に可愛いツバメが毎晩訪れます。
 最初の数日は1羽だけ居りましたがいつの間にか2羽に…ツガイ??

 翌朝になったら姿を消し、夜になるとまた同じ場所に戻って来ます。
 すぐ下を人が通っても逃げることなくじっと人の動きを見ています。
 妻と娘は『何か縁起のいいことあるのかなー』と口にします。
 しかし今のところはいつもと変わらず。ツバメさん…期待しております。


つばめ.jpg
posted by optical-shimizu_blog at 16:03| Comment(0) | リプル店

2019年06月03日

今回も引き続き車のお話


前回に引き続き今回も車のお話にお付き合い下さい。
現在私は6台目の車 『ハイブリッド車』に乗っております。
みなさんご存知化も知れませんが『ハイブリッド車』はガソリンと電気モーターの動力2種類を上手く融合した低燃費の自動車です。
ロゴ.jpg
ハイブリッド車は、最もガソリンを使う停車時から発進する時は電気モーター動力を利用し一定の速度に達したらガソリンエンジンが作動。信号待ちの多い市街地には燃料節約を発揮するハイメカ車。
また下り坂等ではエンジン停止してバッテリーに充電する画期的な仕組み。
確かに製造コストも割高の為、通常のガソリン車と比較しても同車種の車両価格は2〜3割程度高額になります。
現実、ハイブリッド車のガソリン使用料は通常のガソリン車と比較して半額以内で済みます。
ガソリン車を選ぶ方がよく話される事ですが、『ハイブリッド車を購入しても使用するガソリン代の差額で車両価格をペイするには通常の使用ではほぼ現実不可能!ハイブリッド車は無駄!』って聞きます。
確かにそうかも知れません。
しかしガソリン費用を節約して元を取る考えばかりがハイブリッド選択の考え方では無いと私は思います。

当然車両価格が高いのを理解した上でもハイブリッド車が欲しい方はたくさんおられます。
今や軽自動車を除く日本のハイブリッド車乗用車の保有台数は約20%!
5台に1台がハイブリッド車らしいです。
『特殊なハイブリッドエンジンの車に乗りたい!』や『環境にやさしい車に乗りたい』『静粛な車をある程度の価格で手にしたい』『面倒な給油回数を減らしたい』『車検費用や日々の維持費を抑えたい』などなど車好きには多種多様の考え方が有ると思います。
posted by optical-shimizu_blog at 14:14| Comment(0) | リプル店

2019年05月02日

約半世紀の間発売されてきた私の思い出の愛車『マークU(現マークX)』も2019年末生産終了…

新元号の令和に変わり日本の自動車業界も次々と変化が…
今回のブログは超個人的趣味のお話でお許しください。

私共日常生活には自動車が無い生活は現在考えられない生活必需品のひとつ。
そんな車は私の趣味のひとつでもあり、絶えず変化する新しい車に私は無意識にアンテナ張り巡らせています。
私の生まれたのは1967年。その翌年に今回紹介するトヨタ『マークU』は誕生しました。
当初車名は『コロナマークU』としてネーミングされました。
後に車名は『マークU』に変更。バブル絶頂期には記録的ヒットとなり驚異の販売台数を残したとの事。
私も自動車大好き人間として憧れの『マークU』が自分の愛車になったのも今から約25年程前。
当時の自分は、社会人になる前から車に興味を持ち雑誌等でいろいろ調べていました。

色々と自分なりに調べた結果、搭載エンジンが直列6気筒DOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)24バルブの魅力を持ち、当時3ナンバー車のハイソカーブームもあり『7代目マークU』を無理して購入しました。購入当時諸経費込約300百万円超。

直列6気筒エンジンは詳しい方なら言わずと知れた滑らかな吹き上がりと非常に優れた静粛性及び乗り心地。
現在支流の直列4気筒(一般乗用車)やV型6気筒(高排気量の上グレード乗用車)とは明らかに違うエンジンフィーリング。
またサスペンションは4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション(現在は高級乗用車や高級スポーツカーに採用)。
また、車好きにはたまらないコンピューター制御された様々な装備が贅沢に盛り込まれた。
大事大事に乗り続け仕事の休みは毎回磨いていた記憶が蘇ります。
そしてマークUも『7代目』から『8代目』に世代交代の時期が訪れ、
私は迷うことなく新型の『8代目』のマークUを購入。当時もかなり(経済的)無理を承知で買いました。
8代目の車も7代目と同様に愛情を注ぎ大事に大事にしていました。さすがに2台続けてマークUに乗り続け
約10年が過ぎ、私自身も結婚し子供も生まれミニバン型に乗り換えました。
今から思い返せば乗り続けたかった車です。
そのマークU(途中でネームが変わり、現在マークX)も今年末で生産終了とマスコミで大きく報道され大変寂しい限り。
トヨタ自動車の代表的名車も激しい時代の変化にのまれハイソカーブームも去り歴史を作った名車が姿を消すことになったみたいです。

7代目マークU7代目.jpg

8代目マークU8代目.jpg
posted by optical-shimizu_blog at 00:00| Comment(0) | リプル店

2019年03月26日

花粉症はツライ!

春の花粉飛散時期は関西地区ではヒノキ花粉はピークを過ぎようとしていますが、
まだこれからは「ヒノキ花粉」が続きます。
近年、花粉症の割合ですが、日本人の4割強の方が花粉症であると言われています。
ちなみに私は 花粉症のキャリアは約30年。毎年悩まされるこの時期。本年は例年以上に辛い!
花粉症に効く食品やサプリ等世間では騒がれていますが私はあまり信用していません。
しかし『メガネ』は唯一実感できます。
通常タイプのメガネを掛けないのと掛けるでは大違い。確かに目の痒みに効果テキメン!
さらに専用の『花粉防止用』メガネは側面からの花粉侵入を防いでくれるありがたいメガネ。
店頭にはまだ『花粉防止メガネ』在庫有ります。選択にはサイズが重要!メガネ専門店であるからこそ
ベストマッチのアドバイス致します。
00000006233823_A01.jpg

下記の表を参考にしてみて下さい
花粉はスギやヒノキ・ブタクサはよく耳にしますが年中花粉は飛散しています。早めのケアをおすすめします!
ca05.png
posted by optical-shimizu_blog at 14:18| Comment(0) | リプル店