2023年12月30日

冬の必需品ダウンコート

こんにちは、堅田店です。
慌ただしい、年末年始がやってきました。
きゅうに寒くなったと思ったら、北陸地方とか例年にない1日の積雪量だとか
本当に大変ですね。

タイトル通り冬のダウンコート・ダウンジャケットについて少しお付き合いください
皆さんも必需品として愛用されているダウンコート・ジャケットですが、
いつ頃からとかご存知ですか? "もちろん常識″といわれ方もたくさんおられると
思いますが、そこはご容赦ください。

ダウンジャケットが誕生したのは今から約80年前。1936年にドイツ系アメリカ人のエディー・バウアー氏が発明しました。日本でも店舗展開をしているアメリカブランド「Eddie Bauer (エディー・バウアー) 」の
創業者です。
そんな彼が真冬の釣りに出かけた際、あまりの寒さに危うく凍死寸前の低体温症になってしまったことがダウンジャケット誕生のきっかけでした。

真冬でも釣りがしたい彼は、水鳥の羽毛に着目し、服を作ることを考えます。ダウンを菱形の状態でキルティングすることで生まれたのが、世界初のダウンジャケットでした。

では、そもそも何故ダウンジャケットは暖かいのでしょうか?
その理由は「デッドエア」と呼ばれる対流しない空気にあります。魔法瓶も二重窓も重ね着も、ほぼ同じ原理で、動かない空気の壁を身体の周りに常に形成することが暖かさの要因です。

ダウンとは、水鳥の胸毛を指す言葉。見た目はタンポポの綿毛のようで陸鳥にはない水鳥特有の羽毛です。柔らかく、衣服の中で空気の層を作るのに適しています。

一般にダウンジャケット表示には、ダウン〇〇%、フェザー〇〇%、と表記が義務付けられていますが、これはダウンポールとそれ以外のフェザーの割合を表しています。

ファッションになったのは1980年代から
誕生から長らく山岳用品の印象が強かったダウンジャケットがファッションとして注目を集めるようになるのは1980年代頃から。90年代には高級ブランドとしての信頼を確立していきます。
2000年代を迎え、完全に市民権を得たダウンジャケットは、アウトドアブランドだけではなく、様々なアパレルブランドからもリリースされるようになり、デザインの多様化が一気に進み、その結果、幅広いニーズやスタイルに対応できるアイテムが増え、ダウンジャケットは様々な年齢層に着用されるようになりました
ダウンジャケットの多様化のひとつといえるのが、ライフスタイルにマッチしたダウンジャケットを探す楽しみ。 元々は寒さから命を守るために生まれたダウンジャケット。

いまやアウトドアギアとしての機能性だけではなく、冬の装いを彩るファッションアイテムとしての魅力も兼ね備えた、冬のマストアイテムとなっている。

仕事も生き方も多様化した現在、我々には様々な選択肢がある。ダウンジャケットもまたしかり。

ハイスペックな洗練されたデザインの最新モデルに袖を通すも良。歴史に思いを馳せながら、味わい深いヴィンテージの逸品を探すも良し,それぞれ自分自身で楽しみましょう

これからが冬本番です。 皆様もご自愛くださいませ
そしてよいお年をお迎えください。 堅田店でした。

【堅田 マイングラス・タイム&ジュエリーの最新記事】
posted by optical-shimizu_blog at 20:13| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: