2022年01月26日

滋賀県の意外な世界記録…

昨年暮れから年始にかけ久し振りに積もった「雪」
しかも思わぬ「大雪」
私が幼少期の頃の高島市も結構積もった記憶もあります。

当時雪が積もれば「滑り台」を父親に作ってもらい父の手作りソリで遊んだ思い出も…。
また「かまくら」も作ってもらった思い出も。子供としたら雪はたくさん積もれば積もる程楽しかった。
あの頃の父親はアウトドア好き?だったみたいで外で遊ぶ事を色々教えてくれました。
また、豪雪地帯出身の母は「滋賀の雪なんか新潟県に比べたら大したことないよ!私が子供のころは通学時は二階の窓から出入りして登校途中は電線によく躓いたものよ!」と聞かされました。
新潟県の雪は私に想像もつかない現実だったみたいです。

ところでその雪ですが滋賀にも凄い記録が残っている様で今も塗り替えられていないみたいです。
それも世界最高記録。
1927(昭和2)年2月14日。伊吹山の山頂は、11メートル82センチの積雪を観測した。日本はもちろん世界の山岳観測史上、歴代1位の記録は現在も破られていない。県彦根測候所(現・彦根地方気象台)が9年後に県内の積雪量をまとめたガリ版刷りの冊子に、その数値が青字で刻まれているらしいです。

あまり知られていませんが意外でした!

posted by optical-shimizu_blog at 16:53| Comment(0) | リプル店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: