2020年12月04日

早くも12月

こんにちは、和邇アルタ店です。
今年、早くも12月となってしまいました。
毎年12月は、クリスマス、忘年会など楽しいイベントがありますが、
今年は例年にない特別静かな年末となっています

12月は師走(しわす)と言われます。
皆さんは、師走と言うと何を思い浮かべますか?
個人的な意見ですが、何か慌しい感じが思い浮かびます。

師走ついて、いわれなど少し調べてみました。
「しはす」ともいわれ、語源には諸説があり、正確にはわかっていない様です
  ※師(僧)が走る説
 師走の師は、「お坊さん」。昔から年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらい、お経を唱えてもらう風習
 があり、そのため、年末が近付くとあちこちから依頼がくるお坊さんは、行ったり来たりと大忙しに。
 その様子を見て「師が馳せる」から師走になったという説。
  ※年果つ説
 12月は一年が終わる月ということから、四季が終わる・年が終わるという意味で、
 年果つ(としかつ)が変化し、としかつ→としはす→しはす→しわす、となったと言われる説です。

 やはり、いずれにせよ、12月は、皆さん忙しい月であるようです。
 特別今年の年末は、「風邪予防、インフルエンザ予防」よりも大事な予防に注意してください!!
 
posted by optical-shimizu_blog at 17:47| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: