2020年03月15日

THIS IS THE DAY

今年ももうすぐ春がやってきます。

IMG_0707.jpg


さて、関西に春の到来を告げるスポーツイベント「選抜高校野球大会」は中止に、「大相撲春場所」は無観客での開催と、いろいろと肌寒さを感じる春となっております。

プロ野球のオープン戦や、バスケットのBリーグも無観客での開催となりますが、スポーツイベントはプレイヤーと観客が一つになることで、さらなる面白さが出てくるのですが、このご時世では仕方がないですね。


今回は、こんな時にこそ読んでもらいたい本を一冊ご紹介したいと思います。

その本は津村記久子さんが書いた「ディス・イズ・ザ・デイ」


IMG_0709.jpg

この物語はプロサッカーJリーグ2部J2リーグに所属する架空の22チームを設定し、全国各地で行われる最終節のスタジアムを舞台に繰り広げられます。

ここには、それぞれのチームのサポーターやチームに思い入れのある22名の人物が登場するのですが、登場人物たちは皆それぞれに悩みごとやモヤモヤした気持ちを抱えて生活しています。
それがスタジムで体験する些細な出来事を切っ掛けとして、ほんの少しですが前向きな気持ちに移っていく、というお話が散りばめられています。

サッカーのことを知らない人でも本の登場人物と同じように、読み終えた後はスッキリとした気持ちになれるはずですよ。

興味とお時間ある人は是非。



ちなみに先ほど架空の22チームが設定されていると申しましたが、福井県鯖江市の「鯖江アザレヤFC」高知県の「モルゲン土佐」などのチームと共に、滋賀県には大津市雄琴を本拠地とする「雄琴トルメンタス」なるチームが登場します。
スタグル(スタジアムグルメ)で鮒寿司が販売されているらしいこのチーム、架空のチームながらなんだか応援したくなりますよ、私は。

【堅田 マイングラス・タイム&ジュエリーの最新記事】
posted by optical-shimizu_blog at 18:31| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: