2020年01月03日

令和二年

「梅三分 恋の潮時 測りかぬ」

皆様、あけましておめでとうございます。2020年もシミズをお引き立てのほどよろしくお願いいたします。
去年は色々あったことと思いますが、今年は夏に東京でオリンピック、パラリンピックもありますし、明るい話題がたくさん生まれる年になると良いですね。


さて皆さん、新年を迎えて新しく何かを始めたいと思いませんか?
私は去年の1月に初めて見に行った梅の盆栽を展示する長浜盆梅展で、そのあまりの美しさに文字通り衝撃を受けてから盆栽にハマりまして、今年はさらに盆栽を楽しむべく、さらなる精進をしていきたいと思っております。

とはいっても去年始めた盆栽六鉢のうち、すでにまともに育っているのは半分の三鉢だけ、という体たらくですが。
盆栽まことに恐るべし、です。


そんな盆栽の魅力を一言で表すのは非常に難しいのですが、私が一番魅力に感じたのは盆栽鉢ので育つ樹木たちの「生きる力、成長していく過程」を楽しめることでしょうか。
当たり前ですが盆栽はしゃべりませんし、すぐにその姿形を変えることはありません。

でも毎日盆栽たちを眺めていると彼らはいろんな表情の変化を見せてくれます。

何日か前に比べて枝が少し伸びてきていたり、想像していなかったところから新しい葉が育っていたり、花芽が綻んできたり、もちろん元気がなくなってきたりと、いろんな顔をみせてくれて飽きることがありません。

ウチにあるのは盆梅展で出展されているような盆梅には到底かなわない物ばかりですが、注ぐ愛情では負けまいと、今年も盆栽を楽しんでいけたらな、と思っております。




さてトップに載せさせていただいた俳句ですが、去年盆梅展の会場である慶雲館近くにイベントを飾り立てるように立てかけてあった句碑に記されていた句です。

おそらく学生時代の恋愛をテーマにした句だと思いますが、早春に咲く梅の花のイメージにピッタリ合った綺麗な句だと思い令和二年のブログトップに載せさせていただきました。


長浜で開催される盆梅展は歴史、規模ともに日本でトップクラスであり、今年で69回目を数えます、開催は1月の10日から3月10日まで。
会場はJR長浜駅より徒歩2分の慶雲館です。

見事な盆梅の数々は必見です。少しでも興味のある方は是非行ってみてください。

IMG_0606.JPG
【堅田 マイングラス・タイム&ジュエリーの最新記事】
posted by optical-shimizu_blog at 18:24| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: