2019年12月13日

本格的シーズン間近…そろそろ準備を!

寒い冬シーズン到来です。
またまた自動車の話で申し訳ありません。

現在の車社会で自分たち自動車を毎日利用するには必ず冬のシーズンに必要なのはスタッドレスタイヤ4本。
スタッドレスタイヤは、自動車が積雪路や凍結路などを走行可能にするため開発されたスノータイヤの一種。
積雪路や凍結路の摩擦係数が低い路面で、夏タイヤと比較して駆動力や制動力をより大きく路面に伝える工夫がされている。従来のスパイクタイヤとの対比で、スパイクピンのないタイヤであることから、このように呼ばれています。スパイクタイヤの問題点(アスファルト路面を削り落とし粉塵を飛散させる)を克服し、スパイク無しで運用できる性能を発揮するすべく開発されたタイヤです。
タイヤ.jpg
またスタッドレスタイヤ本来の寿命は一般的に「約3年」と言われていますがこれはあくまで平均値。
保管方法や運転の癖や走行距離、使用条件で大きく差がでます。
効きのいいタイヤを履いて走行したいですが、新しいタイヤの値段もバカになりません。
新品スタッドレスタイヤ一般的普通乗用車一台分だと1本15,000〜20,000円×4本で7万円前後と超高額。
タイヤだけ購入しても工賃や旧タイヤ廃棄料等も必要。
そのため、わたしは簡単に買い替えは出来ず結局8〜9シーズンは毎回利用しています。
年中スタッドレスタイヤを夏タイヤに戻さず履きつぶす方もおられる様ですが命を預けて走るタイヤ。
燃費面やブレーキ制動面等においてもあまりいいとは言えない様です。

そろそろ交換時期です。雪が降ってから慌てて交換するより、少し時間の余裕をもって交換したいものです。
ガソリンスタンドに持ち込んで交換するのもいいですが、自分でタイヤを外したら交換料も無料だし、普段見えない所の不具合箇所も確認できるから私は自分で交換します。

posted by optical-shimizu_blog at 19:02| Comment(0) | リプル店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: