2019年07月24日

夏バテ解消法

こんにちは。
学校も夏休みに入り、(梅雨明けは未だ?)いよいよ夏本番晴れとなりました
「当然!!夏は好きだ。」と言う人もいれば、「苦手」だと言うひともいるでしょう。
今回は、苦手な人の口癖にもなる「夏バテ」について少しお付き合いください

 そもそも「夏バテ」とはなんでしょう?
夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状。
暑気中り(しょきあたり)、暑さ負け、夏負けと呼ばれることもある。
 
 夏バテの症状
主な症状としては体が重く、だるい(全身の倦怠感)、やる気が出ない、無気力、食欲不振、下痢、便秘、
体が熱っぽい、のぼせる、などがあります。
 ※但し、年中体がだるい、無気力の人は夏バテとは無関係です
夏バテの原因
 食欲不振、睡眠不足、ストレスなど原因は様々
従来の夏バテの原因と最近の夏バテの原因に少し変化がみられるというデーターがあります
・従来の夏バテの原因は、暑さからくる食欲の低下や食事の偏り、大量の発汗、睡眠不足といったものです
・最近の夏バテの原因は、エアコンの効いた室内と熱い外との温度差に身体がうまく対処できず、カラダが
混乱して自律神経失調状態になること。これが現在の夏バテ対策を一番難しくしていると考えられます。
 効果的な夏バテ対策法
・エアコンの設定温度をうまく調節する(室内、外の気温差は出来れば5℃以内)がベスト
・夏の快眠のためには頭を冷やす (風邪用の頭を冷やすシートを使う方法もあり)
・暑くても冷たい飲み物のがぶ飲みはNG
・少量でも良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂る(枝豆もいいそうですよ)
・刺激の強い食べ物(レモン・お酢などの酸味も食欲増進)疲労回復効果があります。
・運動や半身浴で上手に汗をかいて体温調整を etc
他にも「人」それぞれの夏バテ対策もたくさんあると思いますが
 よかったら参考にしてみてください
 後、個人的なことなんですが、
 田舎なもので、休みの日に荒れ地の草刈りを約5時間(休憩30分程)してました
 150pから170pぐらいの草が生えており夢中になりしてました
 終わって帰ろうとした時、突然体が重くまともに歩けなくなり、ようやく家にたどり着き
 風呂場で約30分すわりこんだまま動けませんでした
 今まで、この様な経験はなく、この症状のひどいのが熱中症なのかなと考え込みました
 皆さんも本当に注意して下さい!!


 

posted by optical-shimizu_blog at 20:13| Comment(0) | 和邇アルタ店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: