2023年12月07日

メガネの寿命

お客様からよく『メガネは何年くらい持ちますか?』と聞かれます。

使い方や素材にもよりますが一般的には2〜3年ぐらいと言われています。
また、障害者総合支援法における眼鏡の耐用年数4年 と定められています。
そして、一般的な買い替えのサイクルは3年〜5年と言われています。

まず、一般的に2〜3年ぐらいと言われているメガネの持ちとは
レンズのコーティング性能の劣化によるものが多く、コーティングが100%性能が使える状態は約1年ともいわれています。今はプラスチックレンズに撥水コート(防汚コート)が標準でついているものがほとんどですが、3年くらい使っていると、水洗いでサッと落ちていた汚れがクリーナー等を使わないと落ちなくなっていきます。

また、プラスチックのフレームでは2年も使うと一部分が白く変色した状態になっていることも多く変形していることも少なくありません。金属のフレームならばもう少し持ちますがプラスチックのパーツ部分は同様に変色したり欠けたりすることがあります。また、クリーニングをしていないと汚れが蓄積した部分が錆びたりもします。
つまり、メガネを作ってから性能の劣化が少ない状態で使えるのが2〜3年となります。

次に、障害者総合支援法における4年というのは、通常どおり使用していれば使い続けられる年数が4年と定められている為です。

そして、上記の性能的原因や、見にくくなってきた 免許の更新があるなどの理由により、一般的な買い替えのサイクルは3年〜5年となっています。

もちろん、日々のメンテナンスや、使用状況、保管状態によっても寿命は変わってきますので
定期的なメンテナンスや、どれだけ見えているかの確認などシミズにいつでもご相談下さい。
posted by optical-shimizu_blog at 12:00| Comment(0) | アドガワ店