2021年07月23日

フレーム修理について

こんにちは、堅田店です。
わが地元の滋賀県も梅雨明けし、毎日暑い日がつづいております。
夏の挨拶は、「こんにちは」の代わりに「暑い」ですね!とついつい言ってしまいますね
いよいよ心配してされていたオリンピックの開会式もきょう開催されます。
選手の皆さんは、ベストをつくし頑張ってださい。

 本題にはいりますが、
 季節には特別関係ないはなしで、メガネの修理について少しお付き合いください
 店頭にて修理というか出来る事と出来ない事
  出来る事
   ・ご使用時のフレームの変形(ゆがみ)
   ・レンズが外れた
    (全体にワクがあるタイプとナイロールと言って半分糸で固定しているタイプ)
   ・ネジがとれた
    (基本無くされても代用でカバー出来ますが純正限定の場合あり)
   ・鼻パッドがとれた
    (基本無くされても代用でカバー出来ますが純正限定の場合あり)
   ・ネジが折れてしまった
    (場合によっては、出来ない場合あり)
    
     ※上記においてお願いしたい事は、
     極力そのままの状態でお持ちください。
     悪い箇所に、接着剤等で応急処置をしないで下さい。
(気持ちはわかりますが…)

   出来ない事
   ・フレームが折れてしまった
   ・フレームのメッキが剝がれた
   ・フレームのロー離れと言って溶接部分がとれてしまった
    上記の状態でのお修理はお預かりしての対応となります。
     (他店でのお買い上げ眼鏡も一部対応出来ない場合もありますがご相談ください)
     
    また、お気軽にご相談ください。   
                             以上マイングラス堅田店でした
    

posted by optical-shimizu_blog at 20:26| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー