2020年04月16日

笑おう

せっかくの春なのに、お家で過ごすことが多い今日この頃、皆様方はご機嫌いかがでしょうか?
滋賀県大好きの私はいつもは滋賀県の見どころなどをご紹介しているのですが、こんな時期に遊びに出かけるわけにもいきませんよね。
皆様方はここ数日、家にこもりっきりになることも増えて、娯楽も少なくそろそろテレビやゲームにも飽きてきたころだと思います。
いろいろとストレスを感じている方も多いかと思いますが、そんな時こそ笑顔になりましょう!
そんな時に私がおススメするのが「落語」



なにそれ、年より臭くない?って思ったアナタ、一度DVDなんかレンタルして聞いてみてくださいよ。新しいフィーリングに出会えるかもしれませんから。

私のお勧めは、ご存じ人間国宝・桂米朝さんの演じる落語シリーズですね。
米朝さんの凄いところを語れば原稿用紙10枚くらいは書けそうな気がしますが、百聞は一見に如かず、取り合えず米朝さんの落語を一度触れてみてください。
間の取り方、世界観の構築、あっという間に聴衆を自分の世界に引きずり込む語り口、どれもこれも一級品です。

登場人物の演じ分けはもちろんですが、米朝さんが例えば杖の話をしながら手を挙げると、あたかもそこに杖を持っているように見えますし、花札の話をしながら両手を動かすと、まるで花札を繰っているように見えてくるのです、あら不思議。
さすがは人間国宝の技!
何気なしに聞き始めると、知らぬ間にに大声あげて笑っているアナタがいると思いますよ。

私が何十年か前にテレビで初めて米朝さんの落語を聞いた時の演目は「鶴」というものでしたが、聞いた当時は世界がひっくり返るくらい大笑いしました。

「唐土から飛んできた首の長い鳥が松の木の枝にツーと飛んできてルっと止まる」

演目「鶴」の一節ですが、いま思い出しただけでもニヤニヤとニヤけてきます。
これは多分、落語というものが同じ演目でも、いろんな人が演じ分けてきた普遍の文化として存在するからだと思います。
使い捨ての笑いではない普遍的な文化的笑いだからこそ、時間がたっても、何度でも楽しめてしまうのだと思います。

とまぁ、小難しい話は置いといて、他に私がおススメする演目は、
堅物おやじの勘違いが面白い「三十石」
若旦那の片思いに振り回される「崇徳院」
何気ない一言が大騒動になってしまう「はてなの茶碗」などの演目も一聴の価値ありですよ。

口角上げての笑顔は健康にもよいと言いますし、落語で笑って免疫力を高めましょう!




posted by optical-shimizu_blog at 14:27| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー