2019年06月18日

人の集まる場所

滋賀県の隠れた名所をご紹介するこのコーナー?
今回は滋賀県内のかわいらしい駅を二つご紹介。

一つ目は彦根市にある近江鉄道「鳥居本駅」です。

鳥居本駅.jpg

どうです?かわいい駅でしょ?まるでおとぎ話に出てくるような駅みたいといったら言い過ぎでしょうか。
さらにこの鳥居本駅の周辺の街は、江戸から明治、大正、昭和と様々な時代を感じさせてくれるような古い街並みもありまして、一度訪れたらもう一度来たくなるような場所です。
筆者おすすめ。


そしてもう一つの駅は、シミズ本店から北へ数100メートル歩いたところに現存する江若鉄道近江今津駅跡です。

1921年から1969年まで湖西地方を走っていた江若鉄道。
もちろん今は影も形も線路の後は残ってはいませんが、ところどころその名残を感じることは出来ます。

大津市内の江若鉄道廃線跡は、浜大津あたりの「大津絵の道」をはじめ、現在も周辺の方々の生活道路として住民の方々から重宝されている道が多くあります。

そして高島市内に入ると、江若鉄道の廃線跡はさらに確認し難くなりますが、よく見ると所々に廃線跡であろう細い道が散見できてマニアには堪らない感じとなっております。

ただ高島市内には江若鉄道の往時をしのばせてくれる建物が唯一現存しています。
そうです、江若鉄道の終点だった江若近江今津駅の建物跡が今も建っているのです。

江若今津駅.jpg

現在は倉庫として使用されている旧近江今津駅ですが、さすがに老朽化には勝てず解体されてしまう運命となっておりました。
昭和のレガシーがまた一つこの世から消えてしまうのでしょうか・・・

だがしかし、今年の5月に地元の有志の人たちが愛されてきた駅舎を守る為、その名も「江若鉄道近江今津駅舎の会」という団体を立ち上げて、この駅舎の新たな保存、活用案を探していかれるらしいのです。

地元出身の筆者としてはすごくうれしい話題の一つでした。

昔から駅はたくさんの人が集まる場所です。
もう使われていないとはいえ、そんな駅を守るためにたくさんの人が再び集まって保存活動をされる。
ちょっといい話だと思いませんか?





posted by optical-shimizu_blog at 19:54| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2019年06月13日

眼鏡のお手入れ方法

こんにちは。
6月ですね。6月といえば私どもの業界はいろいろと関連したひがあるんですよ!!
6月6日は補聴器の日
6月10日は時の記念日
6月の誕生石のパール  
(皆さん4月ダイヤモンド、6月パールはご存知の方がおおいような気がします)

6月だけではなく毎日の事ですが、眼鏡を使っておられる方に確認していただくこともあり
眼鏡のお手入れ方法に少し触れてみたいと思います

まず、眼鏡はどうして汚れてしまうのかご存知ですか?
いつの間にか汚れてしまっていることもよくあると思います。実際、私自身もその一人です
まつ毛が当たる(特に女性) ほこりや花粉 皮脂・汗・涙etc
 もちろん環境が、第一かもしれませんが?

*クリーニング方法
 よく力を入れてハンカチ、タオル、洋服等で空拭きや、お湯で洗っておられる方が
 おられますが、この方法はやめて下さい。
 レンズの表面が傷つきコーティングの剥がれの原因になります。
 ・まず、水道水でほこりや汚れを洗い流して下さい
  さらに中性洗剤を使われるとさらにきれいに洗浄できます(アルカリ洗剤はNG)
 ・洗い終わったあとティッシュで水滴を拭きとって下さい(水滴がシミあとのようになってしまいます)
 ・最後に清潔なメガネ拭きでレンズを拭くとより仕上がりがきれいになります
 
  シミズ各店に於いてセルフのメガネ超音波洗浄器を設置しております
  お気軽にご使用くださいませ。
  
posted by optical-shimizu_blog at 20:22| Comment(0) | 和邇アルタ店

2019年06月08日

特招会のご案内

こんにちは安曇川店です
今回は特招会のご案内です!

開催日 6月11日(火)
営業時間 9時〜21時

「ブログを見た」と言って頂くと下記のメガネクーポン(1000円引き)を適応させて頂きます。
この大・特・価の機会に眼鏡を1本作ってみてはいかがでしょうか?

無題.jpg
posted by optical-shimizu_blog at 19:21| Comment(0) | アドガワ店

2019年06月03日

今回も引き続き車のお話


前回に引き続き今回も車のお話にお付き合い下さい。
現在私は6台目の車 『ハイブリッド車』に乗っております。
みなさんご存知化も知れませんが『ハイブリッド車』はガソリンと電気モーターの動力2種類を上手く融合した低燃費の自動車です。
ロゴ.jpg
ハイブリッド車は、最もガソリンを使う停車時から発進する時は電気モーター動力を利用し一定の速度に達したらガソリンエンジンが作動。信号待ちの多い市街地には燃料節約を発揮するハイメカ車。
また下り坂等ではエンジン停止してバッテリーに充電する画期的な仕組み。
確かに製造コストも割高の為、通常のガソリン車と比較しても同車種の車両価格は2〜3割程度高額になります。
現実、ハイブリッド車のガソリン使用料は通常のガソリン車と比較して半額以内で済みます。
ガソリン車を選ぶ方がよく話される事ですが、『ハイブリッド車を購入しても使用するガソリン代の差額で車両価格をペイするには通常の使用ではほぼ現実不可能!ハイブリッド車は無駄!』って聞きます。
確かにそうかも知れません。
しかしガソリン費用を節約して元を取る考えばかりがハイブリッド選択の考え方では無いと私は思います。

当然車両価格が高いのを理解した上でもハイブリッド車が欲しい方はたくさんおられます。
今や軽自動車を除く日本のハイブリッド車乗用車の保有台数は約20%!
5台に1台がハイブリッド車らしいです。
『特殊なハイブリッドエンジンの車に乗りたい!』や『環境にやさしい車に乗りたい』『静粛な車をある程度の価格で手にしたい』『面倒な給油回数を減らしたい』『車検費用や日々の維持費を抑えたい』などなど車好きには多種多様の考え方が有ると思います。
posted by optical-shimizu_blog at 14:14| Comment(0) | リプル店