2018年12月26日

「門松」って

こんにちは、クリスマスも過ぎ、いよいよ平成最後のお正月を迎えようとしています
 
 毎年玄関先を飾ってくれている門松って、どうして飾る?とか、
 どうして竹、梅なども飾る?とか知っておられますか?
 勿論ご存知の方もたくさんおられると思いますが 個人的に興味があり、少し調べてみました!

門松修正版縮小
  
  まず門松を飾る意味   
 門松は、新年にやってくる歳神(としがみ)様への目印。
 そしてその歳神様は、来る年の幸せをもたらしてくれるんです
 門松というと中央の竹がイメージされますが、本来は「松」が主役です。昔は「門松」は松だけだった
 松は「祀る(まつる)」を連想させる樹木であり、古くから生命力・不老長寿・繁栄の象徴とされてきまし た
    現在のように玄関の飾りとされるようになったのは室町時代からといわれています。
   
  門松が竹の理由
 竹のように元気にすくすく大きくなってほしい
 竹は生命力が強く、成長が早いのが特徴です。
 その力強さと成長の早さから、繁栄の意味で竹が使われています
   
  竹が3本の理由    
 長い竹は男性、短い竹は女性、中間の竹には仲を取り持つという意味があるそうです。
 男の竹と女の竹と仲を取り持つ竹、みんなが仲良くできますように!!
    
  門松の飾りについて
 「松・竹・梅」と聞くと、松が一番上で次に竹、最後が梅!というイメージがありませんか?
 本来ランクはないそうです
  松は、一年中葉の落ちることのない常緑樹であることから、長寿を意味する樹木です。
    竹は、生長が早い上にまっすぐ上に育ち大きくなり、生命力の強さを象徴します。
    梅は、春になり一番に咲く花で、春の訪れを知らせてくれる縁起の良い樹木とされます。
    後、南天、葉牡丹なども添えられます。

     なぜか、話が難しくなってきましたので最後にもう一つだけ
 竹の切り口が斜めに切り落としていますね!「そぎ」と言って
 切り口が笑い顔に見えることから縁起がいいとされ「笑う門には福来る」ということわざを連想させます。
      
          皆様も良いお年をお迎えください
posted by optical-shimizu_blog at 19:17| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2018年12月20日

シミズのブログ 閑話休題

♪♪残酷な天使のように 少年よ神話になれ♪♪

最近この曲のフレーズが頭から離れません。理由は前回の安曇川店のブログを参照で。
インパクト強すぎな商品です。


さて、エヴァンゲリオンといえば、博多〜新大阪間を走る山陽新幹線とタイアップし、エヴァンゲリオンファンのみならず一般の方からも好評だったラッピング列車 500 TYPE EVA型 が有名でしたが、残念ながら今年の5月に運行終了となってしまいました。

地元滋賀県を走る映像とタイアップされた電車では、カルタの聖地近江神宮つながりでの「ちはやふる」や、豊郷町が舞台のアニメ「けいおん」などのラッピング列車を走らせていた京阪電鉄が有名ですが、滋賀県には他にも素晴らしいタイアップ列車が走っています。

湖西地方や草津線沿線にお住まいの方なら一度は見たことがあるであろうこの列車↓

shinobi_train-900x463.jpg


そう、忍者列車です。

ちなみにこの忍者列車、普段は忍者で有名な甲賀の里PRするために甲賀地方を走るJR草津線で運行されているのですが、時たま同じ滋賀県を走るJR湖西線の車両応援のために湖西線でも運行されるようです。

いつどの時間にこの忍者列車が運行されるのかは一般では分からないために、偶然この忍者列車に乗車できたときは、結構気分が高揚してしまいます。

忍者列車に偶然乗れた人には、もしかしたらその日一日忍者が陰ながらあなたの事を守ってくれているのかもしれませんよ。





posted by optical-shimizu_blog at 16:03| Comment(0) | 未分類

2018年12月16日

エヴァンゲリオン コラボメガネ

こんには。本日はエヴァンゲリオンコラボ眼鏡のご紹介です。
EVANGELION
「エヴァンゲリオン」に登場するEVA初号機・2号機をイメージして制作されたコラボ眼鏡です。
エヴァのデザインとモチーフをそのまま眼鏡に落とし込んだ『格好いいフィギュアグラス』

eva-main.jpg


EVA初号機

evangelion-01-630.jpg
フロント : エヴァの頭部を表現。

evangelion-02-630.jpg
左テンプル : エヴァの腕を表現。

evangelion-03-630.jpg
右テンプル : エヴァの胴体を表現。

evangelion-04-630.jpg
モダン : エヴァの足を表現。
テンプル内側 : 『シンジの名言』を印刷。


EVA2号機

evangelion-05-630.jpg
フロント : エヴァの頭部を表現。

evangelion-06-630.jpg
左テンプル : エヴァの腕を表現。

evangelion-07-630.jpg
右テンプル : ナイフを表現。

evangelion-08-630.jpg
モダン : エヴァの足を表現。
テンプル内側 : 『アスカの名言』を印刷。


両モデル共通の特徴
エヴァンゲリオンの非日常を表現するために両モデルともにあえて眼鏡の構造としては珍しい左右非対称で設計しました。素材はチタンを使用しているので凝った作りの割には軽く感じられると思います。また、フロントとテンプルを繋ぐ部品にはβチタンを使用することでフィット感が格段に増し、掛け心地の良い眼鏡となっております。

レンズにはブルーカットレンズを標準装備し、視力の悪くない方もそのままPC眼鏡としてお使いいただけます。

ネルフマークをバックに初号機と2号機が映った140mm×200mmのオリジナルメガネ拭きと、「EVANGELION」の文字が赤で浮き上がる160mm×50mm×36mmのケースが付属します。

evangelion-09.jpg
オリジナルケース

evangelion-10.jpg
オリジナル眼鏡拭き

*画像はイメージあるいは試作品の為、実際の商品と多少異なる場合があります。

両モデルともかなりの再現度の高さでエヴァ好きにはたまらないデザインじゃないでしょうか。
フレーム価格21,000 円(税抜)で発売日は2019年2月を予定しています。
ご予約も受け付けておりますのでシミズまでお問い合わせくださいませ。
posted by optical-shimizu_blog at 14:59| Comment(0) | アドガワ店

2018年12月13日

補聴器電池も環境保全の新しい時代に変わってきています!

補聴器電池.jpg

過去には、補聴器などの用途には小型の水銀電池が使われてきました。
世界的に環境保全への意識が高まり、国連環境計画(UNEP)による水俣条約(2013年)、日本国内における「水銀による環境の汚染の防止に関する法律」(2015年)の制定などを通じて、水銀から私たち自身の健康と環境を守る取り組みが行なわれています。
電池業界では、これまで乾電池の水銀ゼロ化(1992年)、水銀電池の生産・販売中止(1995年)等によって環境への負荷軽減に努め、ボタン形の空気亜鉛電池が水銀電池の代役を担ってきました。しかしながら、性能・品質面の理由から今なおごく僅かの水銀が使用されており、これまで完全な無水銀化は実現していませんでした。(※水銀含有率が 重量比2%未満 のものは適用除外)

電池に水銀が使われてきた時代
乾電池の水銀ゼロ化(1992年)以前の乾電池には微量の水銀が含まれていました。それはなぜでしょう?
乾電池の負極に使われている亜鉛は、腐食反応で溶け出すとガスを発生させ、電池の性能を低下させるだけなく、電池の膨張、液漏れ、破裂等の原因となります。これらを防止するために、腐食反応を抑制する水銀が添加されていました。
つまり、水銀は電池の性能、安全性を守る上で欠かせない物質だったのです。

空気亜鉛電池の構成と特徴
空気亜鉛電池はプラス極に空気中の酸素(O₂)、マイナス極材料に亜鉛(Zn)、電解液に水酸化カリウム(KOH)が使われており、公称電圧は1.4Vです。
補聴器電池は他の電池と大きく異なるのは、プラス極に空気中の酸素を使用するため、その分マイナス極の材料を増量することが可能だという点です。電池に貼られているシールテープを剥がすとその下には小さな穴ががあり、その穴から空気中の酸素を取り込んで、電池本体の中で化学反応を起こして発電する複雑な仕組みになっています。つまり、同じサイズの他の電池によりも容量が大きくなるという利点があるということです。
また、外気温や二酸化炭素等と密接な関係があり、特に寒い季節は電池寿命にも影響が出てくる事例も有る様です。
posted by optical-shimizu_blog at 10:00| Comment(0) | リプル店

2018年12月06日

新語・流行語大賞

先日、毎年年末の恒例行事のひとつになっている
新語・流行語大賞が発表されました。

年間大賞となったのは
2月に冬季オリンピックで活躍した
女子カーリング選手達が使っていた
北海道弁そだねーでした。
今回の冬季オリンピックでカーリングのルールを覚えた人も多いはず・・・
もちろん私もその一人です。

その他にも『半端ないって』や『スーパーボランティア
奈良判定』に『災害級の暑さ』とよくテレビで耳にした言葉が
トップ10入りとなりました。

そのトップ10の中にご飯論法なるものがありました。
新語・流行語大賞にノミネートされるまで聞いた事もなったのですが・・・
私がうといだけなのでしょうか?
毎年「え?そんな言葉流行ってたの?」というワードが
いくつかあり、何か別の力が働いているのかと勘ぐるのも
毎年の恒例行事となりつつあります。

また、来週の水曜日には
今年の漢字が発表されます。
これも年末の恒例行事となり
一年が半分過ぎた当たりからあれかなこれかなと
考えることが楽しみのひとつでもあります。
残念ながら応募は昨日で締め切りです。
後は発表を待つばかり。
何になるかワクワクして待ちましょう。

ちなみに私の予想は『災(わざわい)』です。
大雪に始まり地震に豪雨に台風に猛暑
今年は盛りだくさんでした。
ただ、やはり年末にマイナスのイメージより
プラスなイメージが欲しいので
外れることを祈ります。

皆さんはどんな1年でしたか?
残りわずかとなりましたが
良い日をお送り下さい。
posted by optical-shimizu_blog at 12:00| Comment(0) | 今津本店