2037年01月01日

眼鏡・補聴器・宝飾・時計のシミズblog

湖西地域に5店舗展開しているメガネのシミズのブログです
これから様々な情報をご案内できればと思いますので
お付き合い宜しくお願いします

まずは、各店のご案内から

今津本店
    高島市今津町名小路1-1-5 ローラン名小路商店街内
    TEL 0740-22-2427

リプル店
    高島市今津町今津1688 ショッピングセンターリプル1F
    TEL 0740-22-6531

アドガワ店
    高島市安曇川町西万木55 平和堂あどがわ店内
    TEL 0740-32-3579

マイングラス/タイム&ジュエリー(堅田店)
    大津市本堅田5-20-10 アル・プラザ堅田2F
    TEL 077-574−1822

和邇アルタ店
 2021年1月10日をもちまして閉店させて頂きました。
 長年のご愛顧感謝するとともに、近隣のお客様にはご迷惑おかけすることお詫び申し上げます。
 今後は堅田店及びアドガワ店へお越し下さい。

お近くのお店に遊びに来て下さい
眼鏡・補聴器・宝飾・時計を扱ってます
今後セール情報などいち早くお届けできるように
頑張って行きますので
長いお付き合いをお願いします

当店のホームページはこちらから
メガネのシミズホームページ
posted by optical-shimizu_blog at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今津本店

2021年10月18日

鯖江コーナーで当たるスクラッチキャンペーン

サバエ2021.jpg

img_present750.png

スクラッチを削って豪華景品を当てよう!
キャンペーン期間中、「鯖江めがね」を1本お買い上げの方に
スクラッチカードを1枚進呈。
ご購入された店舗で利用できる、めがね引換券などが当たります!
この機会に「鯖江めがね」の究極のかけ心地をお試し下さい。
posted by optical-shimizu_blog at 10:59| Comment(0) | 今津本店

2021年10月14日

秋の夜長の無駄話

一年で一番過ごしやすい季節のひとつである秋10月、今年は例年よりも気温が高い日が多いですが、それでも湿度が少ない分過ごしやすい時期となってます。
昔に比べて、どんどん季節感が変化していく昨今ですが、秋のお彼岸の時期になると田んぼの土手などを真っ赤に染める彼岸花は、毎年計ったように同じ9月20くらいの時期に咲くので凄いなーと毎回感動します。

そんなこんなの秋本番、今回も些末な小ネタにお付き合いいただければ嬉しいです。

さて、人には味覚、視覚、聴覚、嗅覚、触覚と五感というものがありますよね。
でも残念ながらその五感も、老眼で近くのものが見えにくくなってきたり、難聴になって言葉が聞きづらくなってきたりと年齢とともに衰えていきます。
では、人の五感のうちで一番最初に衰えてしまう感覚はどれか?最後まで残る感覚は一体何だろう?と思ったことはありませんか?私はあります。

最初に一般的に感覚の衰えていく順番を並べていくと、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の順番といわれています。(諸説あり、何を基準にするかによっても変わります)

視覚、聴覚、味覚は10代から20代の間に成長のピークを迎え、その後は下降線を描いていきます。
逆に嗅覚、触覚などは60代70代くらいまで衰え方が少ないらしいです。
視覚、聴覚、味覚などの感覚のピークの上限を上げるためには、やはり子供さんの小さいうちにいろいろな経験をさせてあげるのが一番だとか。





ここから先は科学展根拠のない完全に素人の思い付きです。

野生動物が天敵から身を守るには、近づいてくる天敵の存在をいち早く把握しなければなりません。

太陽の光さえ届かない海の底に住む深海魚などは視力が退化しています、もともと聴覚の無い生き物はたくさん存在するらしいですが(聴覚の代わりになるものは持っています)、彼らはそれでも生きて子孫を残しています。

視覚聴覚ももちろん大切ですが、視覚には見える範囲、明るさなど限度がありますし、蛇など足音を立てないで(もともと蛇に足はないですが)近づいてくる敵も沢山います。
なるほど、その中でいち早く敵の存在を把握するには嗅覚が一番適切なのかもしれません。風向きにもよりますが敵の存在を把握できる範囲も嗅覚を生かした方が広くなります。
食べられるものかどうか確認するには味覚が必要でしょうし、生き物が生きていくうえで本当に最低限必要な感覚が順番に残っていくのかもしれません。


じゃぁなぜ触覚が衰えるのが一番遅いのか?見えなくっても聞こえなくっても匂いが嗅げなくっても、最後の最後は直接相手に触れられたら誰でも存在がわかるだろう、そん時はダッシュで逃げろ!ということなんでしょうね、確かに。

秋の夜長、まったくの無駄話を考えて過ごすのも楽しいですよ。。。

posted by optical-shimizu_blog at 18:04| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2021年10月07日

目の愛護デー

こんにちは、堅田店です。
今年も早いもので10月になりました
衣替えもすみ、秋本番となりましたが、お昼時はまだ暑くて薄着で十分ですね。

ところで皆さん、10月10日は何の日かご存知ですか?
わが業界においては深く関係のある目の愛護デーです。
皆さん無意識のうちに目を酷使していませんか?
現代の生活において思い当たる方もさぞ数多くおられるの事と思います。

そこで、目のことを少し考えてみませんか?
 疲れ目の原因とは?
●生活習慣
 パソコンやスマートフォンが普及し、近くを見つめ続ける作業は目を酷使します。
●ストレスや睡眠不足
 不規則な生活や睡眠不足は、目の疲労回復も遅らせます。また過度なストレスは自律神経の動きを乱し、
血行不良なども引き起こします。
●近視・遠視
 目に合っていない眼鏡やコンタクトレンズは目の疲労の原因になってしまいます。
●ドライアイ
 パソコンなどの長時間の使用やコンタクトレンズの使用は目が乾きやすく、ドライアイになりやすくな
ります。ドライアイでも、目が疲れるといった症状を起こす場合があります。
 
 やってみよう!目のセルフケア
 疲れ目はその原因を取り除かないと根本的な解決には?がりませんが、自宅でセルフケアを行うことで
 症状を改善することができます。
●意識してまばたきをする
 パソコンなどは画面に集中するため、まばたきの回数が減り、ドライアイを引き起こしてしまいます。
意識して、まばたきの回数を増やし、ドライアイを予防しましょう。
●環境を見直す
 パソコンやスマートフォンなどを使用する時の距離が近ければ近いほど、目の調節力を使うため疲れや
すくなります。また、部屋が暗いとよく見えないために顔が近づいてしまい、その結果作業距離が短くな
ります。部屋の明るさなどを考慮することも大切です。
●蒸しタオルで目を温める
 目を温めることで目の周りの血行が良くなり、筋肉のコリをほぐします。目が疲れたなと感じたら目を
温めて、血行を促してあげましょう。
 
 日常生活をちょっと意識するだけで疲れ目を改善することができるかもしれません
 一度試し見てはいかがですかにこにこ


posted by optical-shimizu_blog at 19:31| Comment(0) | 堅田 マイングラス・タイム&ジュエリー

2021年09月30日

G-SHOCK 5600E 3兄弟

5600series.jpg

一見して全部同じに見えるこのG-SHOCK
品番が違うのですべて別物です。

DW-5600E-1 (左側)
DW-5600E-1.png

1996年に発売され20年以上経っているいまでも『G-SHOCKを象徴するモデル』として愛され続けています。
右側の2機種に比べサイズが少し縦に長く横に短くなっています。
この中で唯一電池交換式、電池の寿命は約2年となっています。

G-5600E-1JF (中央)
G-5600E-1JF.png

2009年に発売されこちらもベストセラーとなっている商品です。
G-5600UE-1JFとほとんど同機能となっており
タフソーラー(ソーラー電池式)・ワールドタイムの機能が追加されました。

G-5600UE-1JF (右側)
G-5600UE-1JF.png

今年2021年発売されたモデル
G-5600E-1JFと見た目の違いが全然分からないNewモデル
機能もほぼ同じです。
唯一の違いはバックライト
左側の2機種は『ELライト』発光色はブルーグリン
対してこの機種は『LEDライト』発光色はホワイトとなっています。

その他大きな違いはDW-5600E-1は『報音フラッシュ機能』があります。
タイマーなどをセットしたときに音と光でお知らせしてくれます。
それぞれの価格(本体価格)は左から
¥11,000(税抜) ¥14,000(税抜) ¥15,000(税抜) となっています。

店頭にない場合はお取り寄せもできますが、現在新型コロナの影響で
メーカーでの生産数も減っているためすぐに対応ができない場合もありますので
その際は気長にお待ちくださいますようお願い申し上げます。
posted by optical-shimizu_blog at 00:00| Comment(0) | アドガワ店